カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

AppleWatch Series5のバッテリーもちは,WatchOS6.1で改善される?〜beta版では改善の報告が…〜

「時計」にするつもりが「時計」でなくなったSeries5

 このままでは,HomePodと並び,近年まれに見る失敗作になってしまいます。AppleWatchSeries5の話。

 原因はただ1つ。
 以前にも書かせていただいたバッテリーもちです。 

 Appleは,「常時表示ディスプレイ」を採用することで,いつでも時刻を確認できるという魔法をかけ,「AppleWatchを時計に」しようとしました。しかし…。安心して1日を過ごせないという結果となり,結局は「時計になりきれなかった」ということです。ましてバッテリーが心配で機能の使用をためらってしまうSmartWatchなんて…。本末転倒です。

 私のような不満を感じていらっしゃるユーザーは少なくないようで(当然です!),Appleも対策を講じているようです。

f:id:es60:20190922111802p:plain

 

WatchOS6.1では,バッテリーもちが改善?

 記事によると,WatchOS6.1のbeta版を使用すると,Watchのバッチリーもちが大幅に改善されるということです。「大幅」というのがどの程度の状態を指すのかが非常に気になりますが,これが本当であれば朗報といえましょう。

 また,このバッテリー減りの原因が新搭載された「ノイズアプリ」にあるという情報もありますね。

 さて,WatchOS6.0.1にアップデートしてから,バッテリーの減りが若干ではありますが改善されたと感じています。「70%〜50%」当たりで粘ってくれるというか…。しかし,根本的な改善になるほどでは全くありませんので,何とか「6.1」での劇的な改善をお願いしたいところです。

 

「ノイズアプリ」を切って過ごしてみると…

 前述の「ノイズアプリ」の件ですが,そもそもこのアプリを切ることができるなんて,初めて知りました。
 ということで,ノイズアプリを切って過ごした場合のバッテリー状況を確かめてみることにしました。

f:id:es60:20191006190708j:plain

 しかし…。
 結果は目立った変化はありませんでした。やはり今回のバッテリー激減りの原因はアプリ単位の動作ではなく,常時表示ディスプレイあるいはOS6の側にありそうです。
 まあ,当然といえば当然ですよね。

 果たして「6.1」でのあっと驚く改善はあるのか?
 これがビシッと決まるようであれば「さすがApple」となるでしょうが,さして改善されず…となれば,Series5の評判は地に落ちてしまいそうです。
 性能は向上せず,時計にとって生命線のバッテリーを捨ててしまう結果になってしまったわけですから…。