カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「Apple Watch」「GalaxyWatch Active」「Pixel Watch」の三つ巴の戦い〜トータル性能で群を抜くApple Watch!〜

Google,Samsungは,AppleWatchの牙城を崩せるか?

 WatchOS6.1でバッテリー消費が改善されれば少し旗色も変わりますが,今のところ「AppleWatch Series5」は駄作だと考えます。
 常時表示ディスプレイを搭載したものの,それと引き換えにバッテリーもちが大幅に低下してしまうという惨状。しかも,デバイスの性能自体はSeries4と同等…。一体何をやっているんでしょう,Appleは…。

 Appleがそんな「足踏み」をしている状況下,GoogleとSamsungがSmartWatch界に新機種を投入です。果たしてAppleWatchを脅かすような存在になり得るのか…。

 

奇しくも「丸形ディスプレイ」が共通

 奇しくも,GoogleとSamsungは揃って「丸形ディスプレイ」を選択しました。AppleWatchの四角形ディスプレイとの違いの「理由」が知りたいですね。円形だとどうしても様々な情報が円形に描写されるわけで,個人的にはAppleWatchのような「四隅に情報を置ける」四角形のディスプレイの方が「無駄がない」と感じます。しかし,デザイン性は円形の方がすっきりしていますよね。
 今後,どちらの形のディスプレイが選択されるようになるのか,興味深いポイントです。

f:id:es60:20191013140405j:plain

 さて,肝心の性能に関してですが,やはりWatch以外のデバイスとの連携や,多岐にわたるアプリによる「できること」で比較すると,AppleWatchがダントツであるという現状は変わらないでしょう。
 GoogleとGalaxyは,「できること」を精選し,その分価格を下げて勝負をしているように見受けられます。この部分でも,今後ユーザーがどのような選択をしていくのかということが興味深いですね。
 また,GoogleとSamsungが,AppleWatchのような「包括型」に寄せてくるのか,現状のような「シンプル型」「機能特化型」で押し切るのか,という企業戦略も重要となってきます。いずれにせよ,Apple以外メーカーは,現状中途半端な立ち位置であることは否めません。AppleWatchユーザーには,「今後も継続してAppleWatchを買い換えていく」という明確な意思が見えますが,Android側には「目新しい新機種が出れば,どちらになびくか分からない…」という,浮遊感のようなものがあるように感じます。

f:id:es60:20191013142507j:plain

 

性能面でも怪しい面が…

 さらに…。
 「GalaxyWatch Active」に関しては,歩数計や消費カロリー,そしてGPS計測などの面において相当怪しい情報掲示があったようです(上記記事参照)。

f:id:es60:20191013142437j:plain

 AppleWatchでいえば,この度新採用された「ノイズ」アプリの計測が,かなり正確であるという記事が以前紹介されていたように,様々な面で信頼が置けるようになってきています。このあたりが「先行している故の有利さ」なのか,「メーカーとしての信頼性」の問題なのか分かりませんが,対Galaxyということでいえば,「Galaxy Fold」の面から考えて「メーカーの信頼度」の方が強いかな…とも考えています。

 さて,今後AppleWatchはその優位性を保ったまま進めるのか…。それとも,スマホ同様他の大手がまくる展開が起こりうるのか…。
 ウエラブル端末は,要注目の分野ですね。