カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

モンベル(mont-bell)「アルパインダウンパーカ」購入〜「ライト」との違いはBOX構造にあり!〜

秋田の「初冬」「晩冬」向けに「アルパインダウンパーカ」購入!

 値頃感と性能とを天秤にかけ,「モンベル」のダウンパーカを愛用しています。
 私が住む秋田市は沿岸部ということで,厳冬期には寒さ以上に「風対策」が必要。というわけで,1〜2月には「パーマフロストダウンパーカ」を利用しています。色は下の写真の「パプリカ」。
 この製品の表地は「ゴアテックス ウインドストッパー」が採用されており,本当に風に対する備えは万全です。濡れ雪だとさすがに表面が徐々に濡れてきますが,厳冬期の「乾いた雪+強風」というシチュエーションで「寒い」と感じることはありません。

f:id:es60:20191020091130j:plain

 しかし,このモデルはその分,11月〜12月,3月といった,厳冬期以外にはやや大げさすぎます。
 というわけで,これまではその時期に「ライトアルパインパーカ」を利用してきました。色は「レッドブリック」。この時期,赤系が好きだったんですよね。

f:id:es60:20191020091908j:plain

 しかしこの製品,安価で軽量という長所がある反面,縫製上ある問題を抱えています。それが,「シングルキルト構造」です。

f:id:es60:20191020092103j:plain

 この方式は,表地と裏地をつぶし縫いで縫製しており,中身のダウンの大きな偏りが生じてしまうのです。つまり,使っているうちにある部分にだけダウンが集中し,ある部分にはダウンがなくなってしまうという…。一つ一つの「ブロック」が大雑把に縫われているだけですのでどうしてもこうなってしまいます。防寒的にも,着用していての気分的にもあまりいいものではありません。

 そこで,1つグレードを上げ,「アルパインダウンパーカ」を購入することにしました。

 

「BOX構造」で冬を迎え撃つ!

 私が購入したのは,「ダークマラード×ダーク」という色。
 実際は,モンベルのサイトで見た色合いよりも,メタリックが強調されたブルーでした。

f:id:es60:20191020093250j:plain

 外観はこれまでの「ライトアルパイン」とさほど変わらないのですが,まずは縫製の方式が異なります。こちらの縫製は「BOX構造」。表地と裏地の間を隔壁で仕切った「箱マチ」構造となります。

f:id:es60:20191020093443j:plain

 かさの高さを十分にとることができるほか,「BOX」を維持するために,シングルキルト構造以上に小さく一つ一つの「部屋」を仕切る縦の縫い合わせを多用しています。よって,内部のダウンの移動や片寄りを防ぐことができるわけです。

 実際の写真を見てみましょう。
 下の写真では,「アルパインダウンパーカ」にのみ,袖と脇の部分に縫い目があり,小さなBOXが保たれていることが分かります。青地と黒地の部分がそれぞれに別BOXに区切られているということです。

f:id:es60:20191020100612j:plain

 「ライト」の方には縫い目がなく,まとまりが1つの大きな輪になっています。これでは中身のダウンが動いてしまうのです。

 他にも相違点がありました。
 まずはパーカフードのジッパー部。

f:id:es60:20191020094646j:plain

 写真のように,「アルパインダウンパーカ」の方が明らかにジッパー部が高くなっており,これでフードをかぶった際に鼻のあたりまで覆い隠すことができます。「ライト」では口のあたりでぷかぷか浮いてしまい,強風時には使い物になりませんでした。このあたり,「アルパインダウンパーカ」は「パーマフロスト」と同等の装備になっていると感じました。

 また,袖口付近のつくりも全く異なります。

f:id:es60:20191020095012j:plain

 「ライト」の方はゴムで袖口を締める方式になっており,なんとも簡易的なつくりになっいたのですが,「アルパインダウンパーカ」はマジックテープで締めつけることができるようになっています。機能面だけではなく,「ゴム」って,何か安っぽく見えるのが弱点なんですよね。

 

コスパは「アルパインダウンパーカ」が上か?

 「ライト」が16,800円。
 「アルパインダウンパーカ」が18,500円。それぞれ税抜で。

 「1,700円」という価格差を考えると,どう考えても「アルパインダウンパーカ」の方がコスパは上だと考えます。
 もちろん「アルパインダウンパーカ」ほどの保温性が必要ないのであれば無理して購入することはありませんが,ある程度の性能を期待した上で双方で迷っているのであれば,「アルパインダウンパーカ」一択なのではないでしょうか?

 ちなみに,それぞれの重量が,ライト「368㌘」,アルパインダウンパーカ「414㌘」となっています。外装面での違いが殆どないということは,この増量分の殆どは中身のダウンの量と考えられるのかもしれません。だとすれば,確実に保温性が向上するということですので,ますます「アルパインダウンパーカ」のポイントが上がりますね。

 モンベルは,以下のような用途別の表も提供しています。

f:id:es60:20191020095936j:plain

 雪国で暮らす上で,生活のアクセントにウエア選びは重要です。皆さんもモンベルのダウンを試してみてはいかがでしょうか?