カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

早くもiOS14の噂?〜常時表示,アイコンの自由配置…魅力はいっぱいもトラブルが怖い!〜

iOS13の尻拭いが終わってませんが…

 2019年は「OSの年」といっても過言ではないでしょう。

・iOSからiPadOSが独立
・純正アプリの機能向上やダークモードへの対応など,OSの根底にまで手を加えたiOS
・Sidecar機能,アプリのMarzipan化等,iPadとの連携を図ったMacOS Catalina

等々,これまでにないOSの大変革の年でしたね。

 しかし…。
 その反動なのでしょうか,各OSにかなり大きなバグが頻発し,ここまでのアップデートの回数も半端ないものになっています。そして,未だに完結していないその尻拭い…。やはり大変革にはそれなりの代償が…ということなのでしょうか?
 でもまあ,OSに関しては安心して使える状態にしてリリースして欲しいですよね。

 さて,そんなOSの混乱が収まりきっていないこの時期ですが,なんとすでにiOS14の話題が来ています。

f:id:es60:20191112201712p:plain

 

注目は「常時表示機能」と「アイコンの自由配置」

 記事内では実に様々な新機能が予想されているのですが,私が特に注目したのが以下の2点です。

①常時表示機能

 こちら,すでにPixel4では搭載されていますが,スリープ時に日時,天気,通知の有無等の基本的な情報を表示してくれるもの。これがあれば本当に便利ですね。
 AppleWatchSeries5でも搭載されましたが,こちらの場合通常の情報がそのまま表示されるため,情報量が多すぎる…とでも言いますか,何か納得できない自分がいるのが事実です。

f:id:es60:20191112202428j:plain

 やはり,情報って「あればいいというわけではない」ということが,今回よく分かりました。表示項目を任意に選択したり,「シンプルモード」のような特別モードを新設したりと,このWatchの常時表示については,その在り方からして考えなくてはならないのではないかと感じています。

 さて,今回の記事の常時表示,なかなかいいです。

f:id:es60:20191112202639p:plain

 時刻,月日,曜日,天気,気温,アクティビティ結果,通知の有無…,これで十分です。表示領域の広さも丁度いい。バッテリーに負担がかかるのだったら,カラー表示さえいらないくらいです。

 バッテリーと言えば…。
 AppleWatchSeries5の大失敗が,常時表示に伴うバッテリー減り…。最悪です。iPhone11系では,バッテリーもちが異常なほどにアップしたのとは好対照なのですが,ここでAppleへの警鐘。
「絶対にiPhoneのバッテリーもちを犠牲にしないで常時表示を実現させて欲しい」
ということ! 今年のiPhoneでもちがよくなったからといって,その分を「常時表示」に使おうと考えないでいただきたい。
 来年度のiPhoneで常時表示が実現したとしても,iPhone11のバッテリーもちを最低限のレベルと考えた上での導入が必須です。減りが早くなるくらいなら,この機能はいりません。本ブログで何回も伝えていることは,
「前の機種で実現していた様々なスペックは,新機種でも最低限キープすることが大切」ということ。
 お願いですから,「前はできていたのに…」という展開はやめていただきたい!

②アイコンの自由配置

 これは,以前から求められている機能であり,アップデートのたびに裏切られ続けている内容でもあります。

f:id:es60:20191112203831p:plain

 何もAndroid機のように「自由自在」を求めているわけではありません。しかし,アイコン配置が上から順番に「並ばせられる」という窮屈な感じはそろそろ勘弁していただきたい!
 また,デザイン的にこだわりをもって配置したい場合もありますし,トップ画面に配置したくないという使用上の都合もあるでしょう。突飛な飛び道具はいりません。せめて少しばかりの「自由」を私たちにください!

 

iPadのような機能はいらない…

 その他にも,「Split View」や「ドラッグ&ドロップ」等,iPadでできるようなマルチタスク機能が増えると予想されていますが,私はこれ,iPhoneには必要ないのではないかと考えます。iPhoneの小さい画面です。1つの画面では1つのアプリというシンプルな考え方がふさわしいのではないでしょうか?

f:id:es60:20191112204604p:plain
f:id:es60:20191112204533p:plain

 少なくても私は,別のアプリを使用したいときは「下からスワイプ→キープ」でタスク画面を呼び出してから切り替える方法で,何の不自由も感じません。むしろiPadの多画面表示のやり方に未だに慣れないくらいで,そちらはあまり使用していません。
 この手の機能はiPhoneの特性をよくよく考え,「余計なものは付けない」という考えを大切にしてもらいたいと願っています。