カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「HUAWEI FreeBuds 3」はAirPodsProのライバルとなり得るか? ①〜開封・セッティング編〜

「HUAWEI FreeBuds 3」が届いた!

 予定より少々早く,Amazonより「HUAWEI FreeBuds 3」が届きました。 

f:id:es60:20191214180040j:plain

 HUAWEI関連製品は初購入となります。

 そもそもこの「HUAWEI FreeBuds 3」の機能をフル活用するためには,HUAWEI製スマホが最適解であることは十分理解しております。
 それを承知の上で,「オープンイヤー型ノイズキャンセリングイヤホン」としての本製品の実力を試したかったわけです。

 AirPodsProを購入し,その圧倒的なノイキャン性能には満足しているものの,音質や圧迫感のある装着感に大きな不満を感じており,
「もしオープンイヤー型のノイキャンシステムが,一定のノイキャン性能と音質を運んできてくれたら,OSの違いを超えた価値がある」
と考えたわけです。

 さて,どうなるか?
 まずは開封です。

 

質感は…Appleには適わず

 約2万円という価格は,決してお安いものではありません。
 逆に,
「HUAWEI製品としては結構な値付けをしてきたな…」
と感じたくらいです。

 ということで,その質感には大いに期待していたのですが,全ての面に渡ってAppleのそれには届いていない…という印象です。

 箱を開けると…。

f:id:es60:20191214180802j:plain

 非常にシンプルな構成で,いかにもAppleのパッケージングを意識していることを感じます。しかし,紙の質感だったり,箱の立て付けだったり,部品の詰め込み方・取り出す際のフィーリング等,どれをとってもAppleには及びません。

 Appleと比較しなければ悪いわけではありませんが,値段を考えたらもう少しがんばってもいいかな…というところ。HUAWEIが中国だけでなく,全世界的に認められるようになるためには,この細やかな心遣いという面は非常に大切だと考えます。

 充電ケースは円形で平べったく,コスメ製品のような印象を受けます。

f:id:es60:20191214181359j:plain

 AirPodsProと比較してもどっこいどっこいと言う感じか…?

f:id:es60:20191214181511j:plain

 いや〜,さすがに黒は汚れが付きやすい!
 常時使用する場合はケースが必須ですな。

 開閉に関してはAirPodsProの圧勝。
 「HUAWEI FreeBuds 3」のケースは円形になっており,上に行くに従って小さくなっていくため,指を引っかけにくく感じました。ケースの表面が異様に滑りやすいこともあり,AirPods系のように「片手でポンッ」と開けるのが難しいくらいです。
 どう考えてもスクエア型にして,蓋の部分の大きさをキープすべきでした。

 その開けづらい蓋を開けると…。
 イヤホン先端が顔を出します。

f:id:es60:20191214181849j:plain

 まあ,分かっていたことですが,ケースへの挿入の様子もAirPodsのパクりですね,ハイッ!
 そしてもちろんイヤホン本体もそのままAirPods。

f:id:es60:20191214182015j:plain

 耳に入る部分の内側にマイクの穴らしき部分が二カ所あり,ノイキャンのために働くのではないかと予想されます。

f:id:es60:20191214182118j:plain

 総じて,質感はAirPods系よりも下がります。
 プラスチックらしいプラスチックというか…。Appleデバイスは,同じプラスチックでも手触りが異なるような気もします。単なる光背効果?
 しかし,ケース蓋の開閉の動きは,明らかに「HUAWEI FreeBuds 3」の方が安っぽいです。締まりがないというか,頼りないというか…。

 

手動でペアリング…

 さあ,iPhone11Proとペアリングです。
 「iPhone11Pro」と「HUAWEI FreeBuds 3」のペアリングという,異様なまでの違和感…。

f:id:es60:20191214183020j:plain

 「HUAWEI FreeBuds 3」には,KIRIN Aチップが搭載されており,AirPodsProのH1チップよろしく,HUAWEI製のスマホとであれば,蓋を開けると自動でペアリングができるようです。

 しかし今回のペアリング先はiPhone…ということで,当然手動でのペアリングということになります。
 ペアリングそのものはごく普通。トラブルなく接続できます。なんだ,AppleとHUAWEI,仲良くできんじゃん! 笑

 さあ,準備は整いました。
 後は肝心の音質とノイズキャンセリングです。

 その実態については次回!