カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Canon「RF50mm F1.2L USM」の圧倒的描写に震える…②〜開封編/単焦点にしてこのデカさ! Lズームを使っていたら違和感はなしだが…〜

さすが「L」の存在感

 先日は,EOS RPの購入をきっかけに,分不相応であることは承知の上で「RF50mm F1.2L USM」を購入したとをお伝えしました。 

 試し撮りしたイルミネーションの写りに驚愕して,とりあえずの画像を載せることを優先させていただきましたので,今回は「開封編」をお届けしたいと思います。

 「単焦点」といえぱ,ズームレンズと比べると「コンパクト」であるというイメージがあります。「Lレンズ」とはいえ,これまでの一眼レフに対応するEFレンズの「50mm F1.2L 」はそれなりにコンパクトなのですが,この「RF50mm F1.2L USM」は「巨大」ともいえる筐体です。

f:id:es60:20191208092605j:plain

f:id:es60:20191208092613j:plain

 長さも長さですが,太さが尋常ではありません。重さも950グラムと,やはり単焦点の常識を越えています。
 もちろんその理由はレンズ構成にある訳で…。
 こちらが「RF50mm F1.2L USM」の内部レンズ構成。

f:id:es60:20191208094831j:plain

 各種収差を抑える「非球面レンズ」を贅沢に使っているのが分かります。
 これに対し,これまでの「EF50mm F1.2L USM」のレンズ構成がこちら。

f:id:es60:20191208095129j:plain

f:id:es60:20191208095156j:plain

 随分とシンプルですね。
 内部のレンズの数が多いから写りがいいというものではないのでしょうが,各種レビューでは「EF」の「L単」らしからぬ絞り開放での甘さについて言及しています。
 また,「RF」と「EF」の全体的な比較レビューを見ても,一目見ただけで「RF」の解像度がダントツで高いことが分かります。

 まあ,値段からして違うわけですが,やはり,こと「カメラレンズ」に関しては,いい素材を効果的に組み込めば写りがよくなるわけで,基本的には「写りは値段に比例する」ということでしょうか?

 実際の前玉,後ろ玉の画像がこちら。

f:id:es60:20191208101136j:plain
f:id:es60:20191208101107j:plain

 絞り羽根がEFの8枚から10枚(円形絞り)に増えたことも,ボケ性能アップに貢献していることは明らかですね。

 

とりあえず…デカい! 重い!

 性能的には申し分がない「RF50mm F1.2L USM」ですが,とにかくデカい!
 ミラーレス対応のRFシステムは「小型・軽量」が売りだったのでは? フードを付けるとこんな感じになっちゃいます。

f:id:es60:20191208102509j:plain

 どのくらい大きいかということを,これまでメインで使用してきた「EOS 5DMarkⅡ + EF24-70mm F2.8L USM」と比較してみましょう。
 この「EF24-70mm F2.8L USM」(初代)は,二代目に比べて解像度では落ちるのでしょうが,色や空気感になんともいえない「味」があり,ここまで使用してきました。ズームすると巨大なレンズフード内で銅鏡が伸び縮みするのですが,フードで隠れて一見インナーズームのように見えるのもお気に入りです。Lレンズなのに伸び縮み…というのがなんだかしっくりこないもので…。

 では,実際に比較を…。

f:id:es60:20191208102530j:plain

f:id:es60:20191208102532j:plain

 個人的には「24-70」の巨大フードに慣れているのでまだ大丈夫ですが,これまでコンパクトなレンズを使用していた方は,「単焦点なのにこの大きさと重さ…」と頭を抱えるかもしれません。

 次回は実際に撮影した印象を…。