カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

有川ひろ「イマジン?」が1/23 or 27に発売!〜「お仕事」&「甘々」が大復活? 映像制作会社で奮闘する新人の物語〜

待ちました…! 有川ひろ最新刊「イマジン?」が2020年1/23に発売

 読むと自然に物語の世界に引き込まれる文体ってありますね。自分があたかも文中の世界にいるかのような…。そして,登場人物と直接関わっているかのような…。 

 私にとってのそんな文章を書いてくれるのが「有川ひろ」さんです。

 先日は,セカンドエッセイ集「倒れるときは前のめり ふたたび」をご紹介しながら,
「早く有川さんの長編小説が読みたい!」
という,心の叫びを書かせていただきました。 

 この「…ふたたび」の中には,2つの短編が収録されているのですが,やはり「有川節」は健在なわけで…。

 しかし…。
 2016年7月に発売された「アンマーとぼくら」以降,エッセイ本等を除いた単行本の出版はなし…。それまでは比較的多筆な作家さんだっただけに,プライベートを含め,何かしらの変化があったのかな?…と心配していたところでした。

 そして…。
 この度新刊の発売がようやく決まったようです。
 その名は「イマジン?」
 幻冬舎より,1/23(1/27とする説もあり)発売です!

 

映像制作会社での「お仕事」&「甘々」

 幻冬舎のHPを覗くと,もうすでに本の装丁が出来上がっているかのような画像が…。

f:id:es60:20191222092508j:plain

 そして,その内容も簡単に説明されていました。

f:id:es60:20191222092540j:plain

 どうやら,幻冬舎が発刊している「小説幻冬」にて連載されていたもののようですね。

 内容は,憧れていた映像会社に入社した駆け出し映像マンの「良井良介」が奮闘する…というものになりそう。

 恐らくは,

想像していた仕事と現実とのギャップに驚き…
悩み,落ち込みながらも…
同僚のすさまじいまでの仕事に対する熱意に感化され…
映像制作の魅力に取り憑かれていく…

という流れになるのでしょう。

 そして,「甘々ラブコメ」と明記されていることからも,当然ヒロインとの甘々な展開が待ち受けていることが確実ですね。

 

読み手の心をわしづかみにする心情描写に期待!

 有川さんの書く文体は,非常に平易です。しかしそれは「安易」だとか「平面的」だとかいうことではありません。

 分かりやすい文体なだけに,するするっと読み手の心に入り込み,いとも簡単に心をわしづかみにするような「人垂らし的」文体だと私は思っています。もちろん非常にいい意味です。

 また,ストーリー展開も奇をてらったところがなく,あくまでも王道を行きます。真っ正面から,物事の本質を突くかのように。だからこそ読み手は,物語の中心に自分がいるかのような「臨場感」を味わうことができるのです。

 加えて秀逸なのが,人物の「心情描写」
 さらっと書き加える一言で読者と登場人物の距離を縮めてくれた…ということがこれまで何回あったことか…。

 そしてそして,有川さんといえば「甘々」です。
 幻冬舎の紹介文には詳細はありませんが,おそらくは「県庁おもてなし課」よろしく,良介を支えるヒロイン役が登場し,丁々発止のやり取りをしながらも,その関係性を深めていくことになるのでしょう。

 エンディングは,仕事への夢を語る良介と,互いの思いを確かめあったヒロインとが語り合う場面…。

 って,全てに渡ってうっすらと見えているのですが…。
 そう,しかし,それでも引き込まれていくのが有川MAGICです。
 3年以上待たされましたので,落ち着かない残り一ヶ月を過ごすことになりそうです。あ〜っ,早く読みたい(ダダ漏れる心の声)!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イマジン? [ 有川 ひろ ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/12/22時点)

楽天で購入