カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2020年,AirPodsは爆売れする!〜8,500万個,150億ドル?〜

AirPodsの勢いが止まらない!

「売れまくるAirPods」
ということを何回か記事にしてきました。 

 AirPodsProの販売台数を一ヶ月分しかカウントしない状態でも,ワイヤレスイヤホン市場でダントツの強さを見せていることは,以下の資料をもとにしながら,この中でも書かせていただきました。 

f:id:es60:20191223182357j:plain

f:id:es60:20191223182401j:plain

 「一ヶ月以上の待ち」が続くAirPodsProの人気が今後も続くことは明白ですので,
「しばらくの間はAirPodsの独壇場が続く…」
と考えていたのですが,この度,その考えを後押しするような記事が来ています。

 2020年,AirPodsは「8,500万台」売れる?

f:id:es60:20191223182857j:plain

 

AirPodsの販売台数は「2倍以上」に増加?

 記事によると,Bernsteinのアナリスト、トニー・サコナギ氏は,

Appleは2020年にAirPodsを8,500万個売り上げ,収益は150億ドル(約1兆6,417億円)に上る見込みである

と予測しています。

 これ,数字だけ見るとどれだけ凄いのかわかりませんが,これだけ売れている2019年のAirPodsでの収益が,

「対前年比で2倍となる60億ドル(約6,567億円)」

であるのに対し,2020年の予測が,

「150億ドル(約1兆6,417億円)」

になるというのですから,急伸ぶりは正に「尋常ではない…」と表現できるものでしょう。
 「倍々ゲーム」どころか,それ以上のペースで増加していること,そして,その額が「1兆円」を超えるものであること…。どれをとってもスケールが違う話です。

 

2020年がピーク? しかしAirPodsの強さは変わらないのでは…?

 このような狂ったような伸びが,いつまでも続くわけはありません。

 私は正に来年2020年がそのピークだと考えます。「ノイズキャンセリングイヤホン」としての絶対的な強みを発揮し,他メーカーの準備を整えていないこれからの1年が,「AirPodsの天下」とでも言うべき時期となるでしょう。

f:id:es60:20191201111348j:plain

 そして…。
 おそらくは,2020年は「ノイキャンイヤホン」の戦国時代となります。
 以前の記事にも書きましたが,iPhoneとの親和性が高いAirPodsProとまともに競争しても勝ち目が薄いわけですので,現在ノイキャンイヤホンを投入していない「一流音響メーカー」は,「音質特化ノイキャンイヤホン」を,満を持して投入してくるでしょう。

 私は「MOMENTUM True Wireless」のノイキャン版を,ゼンハイザーが出してくれるのを心待ちにしています。

f:id:es60:20191223190008j:plain

 あっ,あと,AVIOTのノイキャン機にも期待ですね。

 しかし…です!
 驚異的な伸びはなくなるでしょうが,再来年以降もAirPodsの勢いはなかなか止められないのではないでしょうか?
 「音質特化型ノイキャンイヤホン」となると,価格はそれなりに上がるでしょう。3万円ほどのAirPodsProを基準として,一般のユーザーが4〜5万円の高級機に,AirPodsの驚異となるほど手を出すとは考えづらいのですが…。

 ひょっとしたら,Appleは本当の「宝の山」を掘り当てようとしているのかもしれません。Apple Watchも加えたウエラブル。今後「Apple Glass」のようなスマートグラスまでついて来るのであれば,Appleは新しい分野でも「盟主」になりうるのかもしれません。