カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

BrydgeからiPad用「トラックパッド付きキーボード」が発売!〜どこまで快適に操作できるかが問題だ…〜

ついにiPadにトラックパッドが… 

 iPadのキーボードにタッチアジャスターが付く…というAppleの特許情報に関して,先日お伝えしました。  

 まあ,記事にも書いたとおり,世間の「iPadのMac化」に関しては「OSが異なる限り無理」というのが個人的な考えです。

 しかし,どうしてもiPadをMac化しようとする動きは止められないようで…。
 今度はiPad用の「トラックパッド付きキーボード」が発売になるようです。さて,トラックパッドのよさをどれだけ再現できているのでしょうか?

f:id:es60:20200104102215j:plain

 

「マルチタッチ」の再現性やいかに?

 記事によると,「Brydge」が,iPadProようのTrackpad内蔵キーボード「Brydge Pro+」の発売を予告しているとのこと。
 実際の販売ページがこちらになります。

Brydge Pro+ | iPad Pro Keyboard | Brydge Technologies

f:id:es60:20200104121252p:plain

f:id:es60:20200104121258j:plain

 まあ,iPad側の厚みがありますので,どうしてもMacBookよりも野暮ったくは見えるわけですが,結構「寄せてきている」のが分かります。
 「Trackpad」の広さは,2016年以前の筐体のTrackpadよりやや狭い…というところでしょうか?

 さて肝心の「何ができるか?」という部分ですが,記事には以下のような記述がありますね。

「Brydge Pro+」のトラックパッドは、iPadOSのAssistive Touch設定を変更することで、3本指タップでアプリ一覧の表示、右下か左側をタップでホーム画面表示、二本指で上にスワイプするとドックの表示など、マルチタッチ操作が可能です。

 まずもって「おっ!」と思うのが,このキーボードがiPad OSの「AssistiveTouch」機能を活用したものであるということです。つまりは,この時点でiPadOS独自の規格上で考えられたものであり,Macとの連携は取れていないことが分かります。
 そして,実際のジェスチャーに見ても,残念ながらMac版との互換性はないことがはっきりします。

 やはりここで,iPadOSではMacのような「マルチウインドウ」の概念がないという,根本的な「MacとiPadの違い」に行き当たるわけです。iPadでできるのは,所詮「アプリ一覧」「ドッグ表示」等のシングル画面を基本概念とした「タスク切り替え機能」だけなのです。

 

「iPadのMac化」を叫ぶのはやめよう

 今回の「Brydge Pro+」。iPadで文字入力を多用される方で,文字や文章の選択,コピペ等の作業効率化を図りたい…というしっかりとした目的があれば,非常に助かるアイテムでしょう。

f:id:es60:20200104123858j:plain



 しかし,決してMac版のような,マルチ画面を自由自在に行き来できるような
「これがあるからMacを使いたい!」
と思わせる機能が備わっているわけではありません。

 本ブログで繰り返しているように,
「OSが異なるのだから,iPadのMac化は不可能」
なのです。

「Macのように使える」
のではなく,Apple流の味付けで,iPadをより快適に使えるようにする…という表現でいきたいものです。