カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2020年 A14チップはMacBookPro15インチの性能に迫る!〜さあ,MacにAチップを!〜

A14チップはMacBookPro15インチと同等の性能に!

 チップ性能においては,スマホ界のトップに君臨し続けるApple。 

 まあ,スマートフォンにおいてはもはや過剰ともいえるマシンパワーを供給しているAチップは,いよいよ次期A14チップで「5nmプロセスルール」で製造されるといわれています。

 A12,13と,「7nmプロセスルール」できたものの,パワーアップはもちろん,省電力化も図るなど,チップ性能を向上させてきたAppleおよび,製造元のTSMC。
 これが更に高精細化させたプロセスールを採用するとなると,一体どのような力を発揮するのか…という点は,注目の的でした。

 そして…。
 ついに具体的な性能に言及する記事が来ましたよ。
 なんと,「A14チップは,MacBookPro15インチと同等の性能」

f:id:es60:20200118132002j:plain

 

 

トランジスタ数が大幅増…そしてMacに迫る

 記事によると,

トランジスタ数が,A13の85億個から,A14では150億個に増える

とのこと。

 回路を高精細化したことで,恐ろしく演算能力が伸びそうです。
 また,回路が高精細化すると,省電力化にも繋がるというのが定説のようですので,iPhone11シリーズで飛躍的に向上したバッテリーもちが更に向上することになるかもしれません。
 気がかりなのは,5G化に伴って,電力消費量が増える可能性があることでしょうか?
 ここら辺の塩梅が非常に気になるところではあります。

 そして…。
 これまでのAチップの傾向から,A14のベンチマークスコアも予想されています。
 その値は…。Geekbench 5でいうと,

・シングル・・・1,600
・マルチ・・・・5,000

と,MacBookPro15インチと同等のものだということです。

 

さあ,ARMベースMacの登場を期待!

 これは,いよいよ真剣に考えてもいいのでは…。「ARMベースMac」

 本ブログでは,以前から話題になっていた「ARMベースMac」について記事にしてきました。そういえば,この手の噂が最近は消えていたように思います。

 パワーは十分です。
 価格も下がるでしょう。
 省電力化も図られそうです。

 あとは,「Intel→Aチップ」で全てが順調に肩代わりできるのかという検証でしょうか?

f:id:es60:20200118133713j:plain

 高性能で20時間バッテリーがもつMac…。
 出ないかな〜。