カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

オーディオテクニカもノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン「ATH-ANC300TW」発表〜2020年はノイキャンイヤホンが出そろう年!〜

2020年はノイキャン完全ワイヤレスイヤホンがスタンダードに

 2019年は,「完全ワイヤレスイヤホン」がいよいよ一般のユーザーにも広がった年でした。 AirPodsが開拓したこの分野。より安価なモデル,より音質を追求するモデル等,正に百花繚乱といった情勢でしたね。

 これに加え,SONYの「WF-1000XM3」が契機となって火が付いたのが「ノイズキャンセリング」機能です。

f:id:es60:20200109174729j:plain

 そして,完全に流れを決定づけたのが「AirPods Pro」。
 AirPodsにノイキャン機能が付いたことで,もはや「ノイキャン化」の流れは止められないものとなりました。

 考えてみれば,より機動性が求められるイヤホンこそ,本来は「ノイキャン」が最も要求される音響機器であるはずです。
 いつでも,どこでも静寂を手にすることができるとともに,音量を上げすぎて周囲に迷惑をかけることもなくなる…。状況が整えば当然注目されるはずだったこのアイテムに本格的に油を注いだのは,やはりAppleだったというわけです。

 さて,そんな中,「CES 2020」において,ついに日本のオーディオメーカーの老舗である「オーディオテクニカ」が,ノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホン「ATH-ANC300TW」を発表しました。

f:id:es60:20200109175449j:plain

 

音響メーカーが本腰を入れるということ…

 この「ATH-ANC300TW」,記事によると,

・AirPods Proなどと同じく,外部音と逆位相の音波で打ち消すノイキャンタイプ
・駆動時間4.5時間(ケースを含めると18時間)
・5.8mm径のドライバーはDLC(diamond-like carbon)コーティングされ「収録された音の通りに再生」
・価格は249ドル(約2万7000円)

という特徴があるようです。

f:id:es60:20200109182207j:plain

 私がこの機種に注目するのは,老舗オーディオメーカーであるオーディオテクニカが満を持して投入する機種だから…。

 「ワイヤレス時代」となり,イヤホンは有線時代の純粋なオーディオ機器という位置づけから,Bluetooth等の接続性や快適性のための諸機能など,音質以外の面も重視されるデバイスへと変身したという思いが強くあります。

 それを証明するかのように,これまでのオーディオ専門メーカーだけではなく,新興のメーカーが安価な製品を次々と投入しているのが現状です。
 イヤホンがより身近なものになる…という点では,非常に好ましいことなのですが,これまでの「高音質=正義」という概念にとらわれている私にとっては,やはり音響メーカーに本気の機種を投入してもらいたいわけです。

 昨年度の例を挙げると,SONYの「WF-1000XM3」は音質を重視していた傾向にありますが,AirPods Proは音質は二の次…。
 やはり,音響メーカーのSONYは,あくまでも音を大切にしているような印象を受けます。

 だとすれば…。
 今回の「ATH-ANC300TW」も,オーディオテクニカの意地が込められているのではないでしょうか?

f:id:es60:20200109184928j:plain

 また,私が切望しているゼンハイザーの「MOMENTUM True Wireless」のノイキャン版など,これまでノイキャンイヤホンを投入していない音響メーカーが一気に動き出すのが,今年,2020年になるものと予想します。

 

そして立ちはだかるノイキャンイヤホンの壁

 私は,高音質のノイキャンイヤホンには,高い壁がいくつも立ち塞がっているのではないかと考えています。

 それは,

①ノイキャンと音質劣化
②ノイキャンと聴こえ方の違和感
③個々の耳に対するノイキャンの効き具合
④バッテリー駆動時間
⑤接続安定性

等々…。

 特に①,②に関しては,直接音質と関わる部分ですので非常に重要です。
「ノイキャン機は音質が悪い…」
という傾向は,残念ながら実在する課題です
 ヘッドホンで言えば,ゼンハイザー「MOMENTUM Wireless」のような素晴らしい機種も出てきましたが,ことイヤホンに関しては,現状「ノイキャンの効き」と「音質」はトレードオフです。
 とにかくこの部分を打破する機種を,どこかのメーカーが出していただきたい!

 さらに,③も大きな問題です。
 耳全体を覆うヘッドホンと異なり,結局イヤホンは耳穴に本体およびイヤピースを突っ込むわけですので, どうしても「合う」「合わない」が出てきます。

 個人的に言えば,SONYの「WF-1000XM3」は,私の耳には合わなかったため,ノイキャンの効果をあまり感じることはできませんでした。反対に「AirPods Pro」は抜群の効き具合です。

 「誰の耳でも」本来のノイキャン性能が享受でき,音質が劣化しない機種が出てきたら,安心して購入できるのですが…。
 果たして2020年は,そのような機種が誕生する年となるのか…。

 一年間の動向を楽しみに見つめていきたいと思います。