カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Technics「EAH-AZ70W」の音質はいかに?〜10㎜径のダイナミックドライバーに期待!〜

Technics「EAH-AZ70W」,肝心の音質は?

 先日は,「AirPodsPro級」と噂される,Technics「EAH-AZ70W」をポチったことをお伝えしました。  

 後は,肝心の音質ですね。
 どんなにノイキャン性能が優れていても,音質がたいしたことがなければ,少なくても音楽を聴くために利用することは殆どなくなってしまうでしょう。私にとってAirPodsProが正にそれ。動画やradikoの視聴には重宝していますが,これで音楽をじっくり聴こうとは全く思いません。

 「Technics」という音楽ブランドを復活させた上で誕生させたイヤホンですので,Panasonicにすれば,半端な音質では出してこないのでは…と考えての今回の注文。

 問題は,元々の音質と,ノイキャンが効いたときの劣化です。

f:id:es60:20200227184350j:plain

低音重視の暴れん坊?

 もちろんまだ実機が発売されている気ではありませんので,ネット上にあるレビューに頼らざるを得ないのですが,今回は以下の2つを基に,その音質傾向を探っていきたいと思います。

 まずは「GIZMODE」のレビュー。

・ノイキャンを目一杯効かせても,音が小さくなったり,音質に影響したりはしない
・かなりダイナミックレンジが広く,低音から高音までよく出ている
・音の輪郭が繊細で透明感がある
・長時間効いても聴き疲れしない

 

 次に「ASCII」のレビュー。

・ノイズキャンセリングをオンにすると,わずかに音色が変化する感覚がある。しかし,完全ワイヤレスイヤホンのノイズキャンセリング機としては高水準
・下位機種よりもHI-FI寄りのワイドレンジを感じさせる音

 双方に共通するのは,「EAH-AZ70W」のダイナミックレンジが広く,低音から高音まで鳴らし切る傾向にあるということ。
 更にその音質傾向は,「HI-FI」を感じさせるような,切れがよく,解像感のある音でもあるようです。

f:id:es60:20200227192856j:plain

 ノイキャンによる影響に関しては,若干見方が分かれます。
 「影響がない」のか「若干の影響がある」のか?

 「影響あり」とするASCIIに,「どのような変化があるのか」という肝心な部分が書かれていないのがやや片手落ちのような気もします。「劣化」と感じさせるほどのものなのか,それとも「音色の違い」ということで,「劣化」とまでは言えないのか…。
 この部分は非常に大事な点だと思います。

  世のレビューアーの皆さんが,「AirPodsProの音は高音質」と言い張る中で,私は「音楽を聴こうとは思えない音質」だと考えていますので,こればかりは実際に聴いてみなければ分からないのですが,是非とも純粋に音楽を聴く上での音質評価であることを願います。

 もしそうだとすれば,「EAH-AZ70W」の音質は,結構期待していいものに仕上がっているのでは…と感じるのですが…。

 

「CES」の情報と,10㎜のドライバーと…

 この機種,以前に行われた「CES」にも出品していたようで,この際に視聴したレビューを見ると,
「暴れん坊」
「中・低音に癖がある」
という評価がありました。

 この時点では,まだ最終のチューンナップが済んでいないということのようでしたが,今回のレビューと若干受ける印象が異なりますね。

 高解像度で繊細な音なのか?

 それとも,低音よりのパンチのある荒くれ者なのか?

f:id:es60:20200227193022j:plain

 この手の情報で思い出すのが,「MOMENTUM True Wireless」に関すること。
 フェスに出品していた試聴機のレビューで「低音ばかり主張する…」と評されていましたが,実際に発売されたものは全く異なる音質でした。
 もちろん,聞き手によっても印象が異なるのでしょうが,発売までの間に調整が入った可能性もあります。

 さて,今回はどうなることか。

 個人的には,「10㎜」という大きなダイナミックドライバーに期待しています。
 深み,艶のある音を出す「MOMENTUM True Wireless」のドライバー径が「8㎜」ということで,相当に余裕のある音が出てくるのではないか…と考えているわけです。

 Amazonでは,「4/10発売」と,発売の日付も明記されています。
 今から到着が楽しみで仕方ありません。