カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

ぶれまくるiPhoneSE Plusの正体は?〜A13? A14? 電源ボタン一体式Touch ID? ベゼルレス?〜

ぶれまくる「iPhoneSE Plus」!

 iPhoneSEが無事に発売されたと思いきや…。

 今度は「iPhoneSE Plus」がぶれまくっています。 

 いや,以前からその情報はぶれまくっていたのです。「iPhoneSE」においては,当初からガチンコの情報提供が行われており,スペックにおいて想定外の事柄はなかったわけですが,こと「Plus」に関しては…。

 そもそも「登場時期」「搭載するチップ」「画面サイズ・構成」「認証方式」等々,ネタ元によって出てくる情報がことごとくぶれていました。
 まだ構想段階で具体的なものが出来上がっていないのか,それともどこぞのネタ元の情報が大きくズレているのか…?

 そんな中,「Plus」のコンセプトデザインを「svetapple.sk」が発表しました。
 本当にこんなので来るの?

f:id:es60:20200424182945j:plain

 

いきなりの「しずく型ノッチ」?

 この記事で紹介されている「Plus」で,何が衝撃的かといえば,一目瞭然「しずく型ノッチを伴ったベゼルレスデザイン」です。

f:id:es60:20200424184044j:plain

 ん〜,バリバリの違和感!

 この「しずく型ノッチ」を実現するためには,当然「認証関係」の条件があるわけで…。

 それは,「Face ID廃止」と「電源ボタン一体式Touch ID」です。
 認証をTouch ID,しかも電源ボタン一体式とすることで「Touch IDボタン」が消滅。さらに,Face ID用のカメラ,センサーをノッチに搭載する必要がなくなるため,大幅にノッチ面積を減らすことができます。
 残るのはスピーカーとフロントカメラくらいでしょうか?

 …と,まあ論理的には分かるのですが,これ,成立するでしょうか?

 まずもって,先日発売された「iPhoneSE」との整合性が全くとれていません。
 認証方式も,画面デザインも…。

 これでは,同じ「SE」を名乗る意味がないのでは?
 来年度といわれる発売時期に,その「SE」も同時に同様のスタイルに変身するのであれば納得ですが,記事自体がどうも「SE」はSEのまま,「Plus」は独自のデザインという切り口のような印象を強く受けます。

 これ,本当にバラバラの形でラインナップされることになったら,もはやAppleのモデル展開そのものが崩壊してしまいますね。

 そもそも,「Plus」だけ「しずく型ノッチ」って…。
 デザインにこだわりをもつAppleが,そんな中途半端なことしますかね?

 

「A13か?」「A14か?」 それは大きな問題だ!

 それと同じくらいに気になるのが,「チップ」です。

 今回の「svetapple.sk」では,「SEはA13」「PlusはA14」と,Plusが登場した時点で,SEシリーズに格差が生まれることになりますね。
 そんなことする?
 それとも,来年度にSEは改訂する?

 更に…。
 有名リーカーでも意見が分かれています。

 最近絶好調のプロッサー氏は,先日YouTube動画の中で,
「iPhoneSE Plusは,2021年春に,A13を搭載して登場する」
と述べました。

 これに対して他のリーカーは「A14説」を唱える人もいるようで…。

 「PlusにA13」ということは,当然「SE」のチップリニューアルもないのでしょうから,私は「A14」にすべきだと考えます。
 廉価版も,「1年に1回」のリニューアルをしっかりと行うべきです!

 今年の,
「廉価版なのに最新のチップを搭載している」
というインパクトを,今後も継続させていくことで,iPhoneの新たな歴史が生まれると思うんですけどねえ。

「廉価版iPhoneも,3月〜9月の間は最新チップを積む」
という慣例が生まれることで,SEの「お得感」が増すことになるでしょうから…。