カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

新型「MacBook Pro13」の登場から考える新型「iMac」の動向〜「Comet Lake-S」と プロッサー氏と 「23インチ」の噂と…〜

「13インチ」は出た iMacは?

 先日ご紹介したように,新型「MacBook Pro13インチ」が登場しました。

 本当に電光石火の登場というか,晴天の霹靂というか…。
 プロッサー氏が「今日出るよ!」とつぶやいてから間もなくの,サイレントアップデート。

「果たしてこのスケジュールは以前からしっかりと計画されていたものなのか?」
と,疑いたくなるような唐突感があります。この感覚,最近の機種の中で最も強いですね。

 肝心の13インチは,期待されたディスプレイのインチアップはありませんでしたが,懸案だったキーボードがシザー式に変更され,これでAppleの心配の種「バタフライキーボード」搭載機は消滅したことになります。

 更に,ストレージが倍増していながらも価格は低下…という,最近のApple流改定の流れは踏襲してるようで,そのデザインにこだわらないユーザーにとっては魅力的とも言えるモデルになっているようです。
 詳しくはいつもの「Appleが大好きなんだよ」さんの動画をご覧ください。

 それから,CPUは「Comet Lake-H」ではなく「Ice Lake-U」のようでした。「H」は秋の16インチ改訂までお預けでしょうか?

f:id:es60:20200505103139j:plain

 オプションの「Core i7」に関しては,Intelのカタログで見つけられましたが,「Core i5」は見当たらず…。

f:id:es60:20200505103259j:plain

 CPU事情には詳しくないのでよく分かりませんが,いつもの「Apple版CPU」というヤツでしょうか?

 さて,このようにIntelの新CPU搭載機が続々と登場してくると,気になるのがiMacです。
 本ブログで何回も取り上げているのですが,現状,

・先日発売された「Comet Lake-S」を搭載して近日発売
・新筐体「23インチ」のiMacがリークされているので,秋まで待ってフルモデルチェンジ

という2つの考え方が存在しています。

 さて,どうなるiMac?

f:id:es60:20200505110408j:plain

 

「13インチ」の発表時期がどうしても気になる…

 有力なのは,「近日発売」という考え方だと捉えています。
 昨年の「MacBook Pro15インチ」も,新CPUを搭載して5月末にリニューアルを果たしました。

 4月30日に発売された「Comet Lake-S」に関しては,マザーボード等の周辺機器の準備が万端ではなく,5月中に目処が立つ状況のようです。
  というわけで,本ブログでは「5月下旬」という時期がもっとも「匂う」と考えてきたわけです。

 しかし,先日いきなり「13インチ」の登場があり,
「何でこの時期なの?」
と疑問に感じました。あまりの唐突な発表に違和感を感じたほどです。
 以前プロッサー氏が,
「全ての条件がうまく整えば,13インチが5月中に発売される」
とつぶやいたことがありましたが,それにしても5月上旬は唐突です。

 加えて,最近のAppleは,新製品のサイレントアップデートを「集中して」行う傾向にあります。
 この3月の「MacBook Air」と「iPad Pro」もそうでしたし,昨年3月の「iPad Air」「Air Pods」「iMac」という連投も記憶に新しいところです。

 だとすれば…。
 iMacの近日の投入もなくはないのか…とも考えるわけです。

 昨日,プロッサー氏は,iMacが不調となり,今買い換えるべきかというTwitter上の問いに対して,以下のように答えました。

f:id:es60:20200505105118j:plain

「待つべきだ」
と…。

 不調のiMacを目の前にしている人に対して「待つべき」という言葉を投げかけるということは,もしかする我々が考えているよりも近い時期に,新型iMacが投入されると考えているのかもしれません。

 

遅くてもWWDC前…,余裕をもって出るはず!

 実際の登場時期については当然「Appleのみぞ知る」ということなのですが,デザイン一新のiMacが計画されているにせよ,
「フルモデルチェンジ前にマイナーチェンジ機のiMacが登場する」
と考えるべきなのでは…と個人的には捉えています。

 6月のWWDC直前…ということはないでしょうから,「5月18日〜22日」の週には登場するのではないでしょうか?

 13インチの例を見ても,お届けまでには結構な時間を要するみたいです。これはコロナウイルスが影響しているものと思われます。だとすれば,あまり発表時期が奥まっていしまうと,WWDCが始まってもiMacが届かない…という事態になるでしょう。
 取り合えず,初期注文分程度は捌いた状態でWWDCに望みたいとAppleも考えるのでは…?

f:id:es60:20200505110828j:plain

 だとすれば,例えば今週中に動きがあっても決して驚くことではないような気もします。
 お届けまでの時差を考えると,「早すぎる」というわけでもありませんので。
 また,CPUにしてもマザーボード等の部品にしても,「Apple独自」のものが使われることが多いということを考えると,独自に調達し,他メーカーよりも早い時
期に新CPU搭載のiMacを市場投入することもあり得るのでは…?

 何だか急にそわそわしてきました!