カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

まさか… Canon「EOS R5」に「6,000ドル超」の予想価格が!〜Canonの戦略的にどうでしょう?〜

オーストラリアが驚愕の予想価格が…

 驚異的な性能(特にビデオ面)で,その価格設定に大きな注目が集まっている,Canonのミラーレス一眼「EOS R5」。 

f:id:es60:20200515181426j:plain

 あまりのビデオ性能故に,
「60万? 70万? 80万?」
「いやいや,SONY機対策として,Canonはこの機種を大盤振る舞いで40〜50万円で出してくるのでは…」
などと,予想価格ぶれまくりの噂が蔓延しているのが現状です。

 ミラーレス一眼においては,CanonはSONYに大きく後れを取っており,「一気に巻き返す」つもりであれば,ある程度価格を下げなくてはいけない…とは誰もが考えているのですが,そのあまりのビデオ性能故に,「他メーカーとのバランスで考えると」60万円超という予想も根強く残ってるわけです。

 これまでは,
「Canonはとにかく販売実績を積み上げ,SONY対策を取るべく,40万円近辺まで価格を下げてくるのでは…」
という予想が勢力を増していましたが,ここに来て全く逆行する情報が海外から飛び込んできました。

 何と…。
 オーストラリアで,「10,499オーストラリアドル」でR5の予約が行われている?

「72.5万円」って…「1D系」じゃないんだから…

 記事によると,

近日中に登場するフルサイズミラーレスカメラキヤノンEOS R5を,10,499オーストラリアドルの価格で掲載している。これは米ドルで約6750ドル

ということです。

 ここで紹介されている販売店では,「前金200オーストラリアドル」を支払うことで予約可能になっているようですね。

 さて…。
 ここで,これまでも繰り返されてきた禅問答の繰り返しです。

「単純なビデオ性能,他メーカーとのバランスから考えるとこの価格が「納得できる」

とする捉えと,

「この価格じゃ,殆どのユーザーが手を出せない。本当にSONYに追いつく気があるの?」
「1D系との線引きができなくなる。これまで上手に価格設定でヒエラルキーを作っていたのに,それが崩壊してしまう」

という捉えの葛藤です。

 個人的には,これで今後出てくる「R6の画素数が現行"R"と同等の3000画素」程度をキープしてくれているのであれば,殆どのユーザーがなんの問題もなく「R6」に流れると思うのですが,噂されているR6の画素数が「2000万画素」というのがいただけない…。

 もし当初から「R5」の価格を本当に「6,000ドル」に設定していたのであれば,なんで「R6」の画素数を「R」「RP」よりも下げなくてはいけなかったのでしょうか?
 この記事のとおりで出てくるのであれば,私は「キヤノンの戦略ミス」だと思うのですが…。

 

「40万円台」での登場を願う!

 先日話題になった「3,499ドル」という驚異的な価格設定。
 日本円にして,実売「40万円」という線で登場するのであれば,確実にR5は馬鹿売れするでしょう。 

 Canonの儲けはさほど出ないかもしれませんが,この戦略でSONY勢力に対抗するだけの力を蓄え,今後出てくる「RFレンズ」で利ざやを稼ぐ…。
 「損して得取れ」ではありませんが,そのくらいの思い切った策をとらないと,Canon浮上のきっかけを失ってしまうのではないか…という心配もあります。

 今後は,間違いなく「一眼」のカメラは売れなくなっていきます。
 殆どのユーザーは,「スマホ」で十分となるはずです。そのように感じている一般のユーザーに,
「やっぱりミラーレス一眼の画質は違う!」
と気づかせてなんぼ…なのではないでしょうか?

f:id:es60:20200510113739j:plain

 そのためにも,「頑張れば手に入るのでは…」と思える価格設定って,生命線だと思うのです。
 ぜひとも,「これは…!」と思わせるような価格で登場していただきたい!
 Canonさん,頼みます!