カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

新しい「Magic Trackpad」はワイヤレス充電とApple Pencil入力に対応する「魔法」Padになる?

新「Magic Trackpad」には新たな役割が与えられる?

 このご時世,わざわざWindowsPCではなくMacを選択することに関しては,ユーザーごとの相当のこだわりがないと,なかなかその「壁」を超えることが難しいのかもしれません。   

 「コスパ」という壁がまずもって第一に対はだかるのですが,そこを越えて「Appleデバイスとの連携」「TrackpadやMagicmouse等の操作性」「デザイン,動画編集等の専門性」等,一度納得してしまうと,もうMacから抜け出せなくなってしまいます。

 私が初Macとなる「MacBook Air」を購入した際に,単純に感動したのは,Trackpadの魔法です。それまでのWindowsノートPCでは,付属のPadはおまけ程度のもので,マウスなしでは心地よい入力ができないと感じていました。しかし,MacBook AirのTrackpadは,本当に「マウスが必要ない」と感じさせてくれました。

 現在は,iMacでは細かな操作性に優れたMagicmouseを使用していますが(以前はMagicTrackpadを使用),MacBook Proを使用しても,iMacと同等の作業をこなせるのは,トラックパッドが付属しているからです。

f:id:es60:20200515163455j:plain

以前はMacBook Pro13インチにこのような入力機器で…

 Magicmouseでは,Trackpadのような自由なピンチイン,ピンチアウトができず,作業内容によってはMagicTrackpadを使いたくなる場合もあるほどですので,「マウスと同等の操作性」を保証してくれているTrackpadって,本当に「Magic」だと思います。

 さて,そんなMagicTrackpadですが…。
 新バージョンの噂が来ています。
 新Trackpadは,ワイヤレス充電Padにも,Apple Pencil入力Padにもなる?

 

やはり鬼門は「Apple Watch」?

 記事によると,5月5日に公開されたAppleの特許情報から,

Magic Keyboardと次世代Magic Trackpad間で,磁気誘導を利用したワイヤレス充電が可能なことが示唆されている他,iPhoneやApple Watch,ワイヤレス充電対応Magic Mouseらしき製品のワイヤレス充電パッドとして,次世代Magic Trackpadが機能する様子が描かれている

ということが判明しました。

f:id:es60:20200515164043j:plain

f:id:es60:20200515164057j:plain

 この手の情報としては,以前にもiMacのスタンド部分がQi充電器になっているようなものも以前にありましたね。

 この記事では,iPhone,Magicmouse,Apple Watch等のAppleデバイスの充電ができるとのこと…。それ以外に,MagicKeyboardへのワイヤレス充電も可能とのことで,これまでAppleらしくなかった,「逆さ亀」状態でのMagicmouseの充電や,いつの間にか充電がなくなって慌ててしまうMagicKeyboardという,「いけてない」部分を補完してくれることになりそうです。

 しかしまあ,本当に実現するかに関しては相当怪しげですね。
 何せ,「AirPower」に頓挫している現在のAppleですので,まずもって「再開発」が噂されている「AirPower」が有効に機能しなくてはお話は始まりません。
 熱を持って暴走するTrackPadでは,しゃれになりませんので…。

 また,それに伴って,やはり「Apple Watch」が鬼門になるでしょう。背面がラウンドした形状のApple Watchへの充電が,前身のAirPower頓挫の一因になったことは想像に難くありません。フラットな形状が絶対条件であるTrackPadで,本当に十分な充電が可能になるのでしょうか?

 

最大の注目ポイントは「Apple Pencil用入力Pad」としての役割

 しかし,「これは素晴らしい!」と感心したアイデアは,
「TrackPadがApple Pencil用の入力Padになる」
というもの。

f:id:es60:20200515170057j:plain

 現在のApple Pencilは,これがあるからiPadを選んでもいい…と考えてもいいくらいの,それこそ「魔法」の入力デバイスです。
 これが,Macでも利用できたなら…。
 これまで行っていた,「iPadでApple Pencilを利用して加工したデータをMacに移行して…」という作業を,一本化することが可能です。しかも,Marzipan化によるアプリのユニバーサル化が進んでいる昨今…。

 いいんじゃないですか?
 「iPadのPC化」などという根本を崩してしまうような展開を望むのではなく,「周辺機器で各デバイスを繋ぐ」という考え方が「Apple流」の本質なのでは?