カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

次期MacBook ProはFace IDを搭載した新デザイン?〜MiniLEDも搭載で,正にフルモデルチェンジになるか…〜

次のMacBook Proは「全面改定」になる?

 5月に入って発表された「MacBook Pro13インチ」。
 この機種は,もともと「14インチか?」と噂されていたものが「13インチ」のまま…ということで,少々意外なマイナーチェンジとなりました。

 昨年末に「15インチ」が「16インチ」になってベゼルも薄くなったこともあり,当然デザイン統一という点からも「薄型ベゼルの14インチ」が妥当だったと,今でも思うわけです。
 敢えてしなかったのか,するだけの余裕がなかったのか…。私は後者かなと思います。デザイン変更までの余裕はないが,最大の懸念点であった「キーボードをシザー式に置き換える」ということだけは行う必要があったため,あんなに中途半端なマイナーチェンジを行ったとしか思えません。

 今後のMacBook Proに関しては,以前から今秋のモデルチェンジが噂されてきました。
 今度は「ディスプレイのMiniLED化」と「13インチモデルの14インチ化」が注目ポイントでした…。

 そんな中…。
 MacBook Proのモデルチェンジに「Face ID」という新たな論点も加わって,先の読めない展開になりつつあるようです。

f:id:es60:20200516185917j:plain

 

「14インチモデル」の登場時期とその位置づけが鍵

 まずもって,「今秋にも登場」と噂されていた14インチモデルですが,MiniLEDの開発・生産の関係から,「登場が2021年にずれ込む」という情報が先日出ていました。

 プロッサー氏の情報が元ですので,「遅れ」が出ているのは間違いがなさそうです。

 気になるのは,この「14インチモデル登場」=「フルモデルチェンジ」となるのか…という点。

f:id:es60:20200516185715j:plain

 「フルモデルチェンジ」というからには,ベゼルレス化によるデザインの統一,MiniLED化に加え,当然「Face ID」認証も加えて,デザインも一新されることになるでしょう。
 この時期が,「2021年春」までに間に合うのか?
 それとも,MiniLED搭載というモデルチェンジをこの時期に行い,2021年秋にかけてFace IDを搭載したモデルを投入することで,「2段階式のフルモデルチェンジ」とでも言うべき変容を遂げることになるのか?

 「14インチモデル」を投入する時期が,そのまま「フルモデルチェンジ」に繋がるのか?…という点が気になります。

 というのも,MacBook系に関しては,「ARMMac」という大命題もあるわけです。
 恐らく2021年においては,「MacBook Air」や,もしかすると復活するかもしれない「MacBook」に搭載することになるであろうAチップですが,いずれは「Pro」に搭載する計画であろうことは予想に難くありません。

 そんな中で,ディスプレイサイズ,Face ID,MiniLEDといった課題は早めに解決しておきたいというのがAppleの本音なのではないでしょうか?
 果たしてどのようなロードマップを描いているのか…。
 今年度のWWDCで「Face ID」「ARM」に関する情報がもたらされる…という記事もありますが,もし本当なのであれば,以外と展開が早くなることも予想されますね。