カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

ついにiPhoneから同梱イヤホンが消える?〜別売りという選択肢は広がるか…〜

AirPods同梱どころか,「同梱イヤホン」なしの時代?

 昨年末あたりに,
「次期iPhoneに,AirPodsが同梱されるようになる…」
という情報が流れたのを覚えていますか?

 イヤホンの無線化が進むとともに,イヤホンジャックか消滅してから久しいiPhoneにあっては,有線の「Earpods」を切り捨てることで,より一層ワイヤレスイヤホンへの道筋を付けることになる…と,Appleは考えていたのかもしれません。

f:id:es60:20200521190756j:plain

 もはや「EarPods」の役割が終焉に近づいていることは誰の目にも明らかですが,だからといって,「AirPodsを同梱」してしまうと,どうしても価格の向上に繋がるでしょうから,本ブログでは「AirPodsの同梱は無し」だろうと予想していました。

 

残るは「別売り」という選択肢

 今や完全ワイヤレスイヤホンが「イヤホンの主流」だと言えるほどに普及しています。

 だとすれば,わざわざAirPodsを同梱してiPhoneの価格をつり上げるよりも,「大半のユーザーはすでに自分好みの完全ワイヤレスイヤホンを使用している」という前提のもとに,イヤホンの同梱を無しにするというのは,真っ当な考え方だと言えましょう。

f:id:es60:20200521190843j:plain

 その上で,AirPods等の別売りイヤホンをしっかりと保障することにより,「Appleの純正イヤホンを使いたければご自分で準備してくださいね」というスタンスをとることができます。同梱のイヤホンをなくして,同時にApple純正のイヤホンが販売されない…というのであれば企業として責任問題になるかと思いますが,今や多くの一流メーカーであれば,独自のイヤホンの製造を行っている時代です。
 全く問題ないでしょう。

 そして…。
 iPhoneのポートレス化の噂もありますね。つまり,現状であればLightning端子にアダプタを装着して有線イヤホンを使用するという荒技もできるのですが,Lightning端子をなくし,その上でUSB-Cコネクタを搭載することなく一気にワイヤレス充電のみの対応になるとすれば,もはや有線イヤホンを使用すること自体できなくなります。

 有線イヤホンを使用するのは,DAP等を使用して高音質化を追及するごく一部のユーザーだけ…という時代が,思ったよりも早く到来しようとしているのかもしれません。