カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone13(2021iPhone)のカメラレイアウトで場外戦?〜現状維持? 4眼+LiDARセンサー?〜

iPhone13のカメラレンズ構成で場外戦?

 最近では,新型iPhone情報が発売前に大量にリークされるとともに,2世代後のiPhone情報が登場することも珍しくなくなってきました。

 今回も,2021年に登場するであろうiPhone13(12S?)のカメラレンズ構成について,「場外戦」言える意見交換がなされているようです。

 現在最強リーカーとも言えるプロッサー氏が絡んでいるからには,見逃すわけにはいきません!

 iPhone13のカメラレンズ構成は,「現状維持?」,それとも「4眼+LiDARセンサー?」

 

問題は「LiDARセンサー」の位置付け

 上記「Mac Rumor」のツイートによると,Leakers L0vetodreamの「4眼+RiDARセンサー」で来る…というリークに,プロッサー氏が「iPhone12のレイアウトと変更は無い」と対抗しているとのこと。

 確かに,プロッサー氏は以下のようにつぶやいていますね。

 プロッサー氏がここまで強気に出て,これまで外したことはなかったように記憶していますので,何かしらの確固たる情報を掴んでいるのかもしれません。

 ここでの争点は,Leakers L0vetodreamが主張する「増加するレンズ」の役割と,LiDARセンサーの位置付け(意味合い)。

f:id:es60:20200530094645j:plain

「LiDARセンサー」は4眼レンズの下にレイアウト?

 まずもって,iPhone13のカメラ性能において,「6,400万画素」と,これまでよりも大きく飛躍するセンサー解像度が与えられる…という情報もありますし,「第4のレンズ」として,「縦横比2.39:1のシネマスコープ映像用のレンズ…」という噂もあります。

 まあ,これに関してはなかなかに怪しい情報だとは思いますが,これまで控えめに歩んできたiPhoneのセンサー画素数を一気に5倍以上に上げてくるということが,本当にあり得るのでしょうか?
 私は少々無理があるような気もします。

 また,LiDARセンサーに関しては,iPad Pro(2020)を購入した私は,一度も活用しておりません。そう,あまりにも機能的に一般性が足りていないのです。
 装備するからには,「何ができるのか」をしっかりとアピールするとともに,ハード・ソフトの両面で「できることを増やしていく」必要があると考えます。「必要」というか,「責任」ですかね,Apple側の…。

 さて,これまでの実績から言えば,
「プロッサー氏の情報が正しいのでは…」
と考えてしまう自分がいるのですが,実際はどうなるでしょうか?

 答えが出るのは,1年半後…。
 最近のApple,ダダ漏れにもほどがある!