カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

折りたたみiPhoneは「2枚のディスプレイ」のつなぎ合わせ?〜またまたプロッサー氏がつぶやいた〜

さまよう「折りたたみiPhone」の情報

 Android機では「折りたたみ式スマホ」が続々と登場する中,iPhoneにおいては「噂」に留まっています。 

 どうしてもヒンジ部の耐乳性やゴミ等の混入問題において,懸念材料が多く取り上げられる現状においては,Appleの厳しい品質を満たすことは難しいようで,なかなか現実的な情報が出て来ない面がありました。

 しかし,またまたあの人の情報提供から,一気に盛り上がる展開になっております。

f:id:es60:20200617200651j:plain

 

始まりはいつもプロッサー氏…

 きっかけはいつもとおり,プロッサー氏のつぶやきでした。

 なんと,プロッサー氏の掴んでいる「折りたたみiPhone」とは,これまで噂されていた「ディスプレイそのものを折りたたむ」形式ではなく,間にヒンジを挟んだ2枚のディスプレイで構成されたタイプのようなのです。

f:id:es60:20200617184705j:plain

 しかも,
「2枚のディスプレイ間の継ぎ目も分かるが,それほど目立たない造りになっている」
ということ。

 Appleとしては,Samsung等の「一枚物のディスプレイを折りたたむ」形状では,なかなか満足したものをつくれない…という方向性をもつに至ったのかもしれません。

 イメージとしては,以前紹介したこのタイプでしょうか?

f:id:es60:20200617201105j:plain

 ここで紹介したLGの「G8X ThinQ」は,2枚のディスプレイに別々の画面表示をすることで,様々な使用方法を実現するというものでした。
 その使い勝手は非常によさそうですよね。1つの画面で何かを行っている間に,もうひとつの画面で調べ物をしたり…。

 しかし,どうしても現状のデザインでは,中央ヒンジ部での「分離間」が半端ない。マルチタスクを行うのには最適ですが,2枚のディスプレイを1つの大きなディスプレイに見立てて…という利用においては,結構きつそうです。

 今回の記事にあるような,
「2画面に分かれているものの,ヒンジ部が目立たない」
という構造であれば,その両方の用途に対応できるかもしれません。

 

いずれにせよ,デビューは遠い…

 しかしながら…。

 プロッサー氏も,「いつ登場するかは未定。当分先のこと…」と認めています。まあ,登場したにせよ,相当な高額端末になることは間違いがありませんよね。恐らくは「20万円超え」。

 我々としては,「折りたたみiPhone登場」までの間,
「果たして市場に,折りたたみ式スマホは広く認知されるのか?」
という,根本的な課題について注意深く見つめていく必要がありそうです。