カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

信じていいの? 「WH-1000XM4」のレビューは総じて高評価〜海外メディアのレビュー結果まとめ〜

気になる「WH-1000XM4」の音質は?

 いよいよ「WH-1000XM4」が正式に発表され,9月4日に発売されることになりました。 

 この記事内でも述べましたが,ノイキャン性能が最高峰だということは分かっています。問題は「音質」です。
 「M2→M3」のモデルチェンジの段階で,それまで非常に違和感のあったノイキャンの効き具合と解像感のない音が,若干改善されたとは感じていますが,いかんせん,私の愛用する「MOMENTUM Wireless3」と比較すると,純粋に高音質を楽しむという用途には適さないレベルだと感じています。

 しかし,先代までも巷の音質に関する評価が非常に高かったという,不思議な機種でした。「M4」になり,その音質面の評価がまた上がっているようなのですが,先代までのイメージがあり,不安が大きいのも事実です。

 そんな中,海外の様々なサイトで紹介されている「WH-1000XM4」のレビューをまとめた記事を発見しました。
 さて,その評価は?

f:id:es60:20200808135129j:plain


否定的な意見がないのが逆に…

 結論からいえば,「高音に固さを感じる」という意見以外で,音質に関する否定的な意見は見つかりません。

・視聴してすぐに,これまでよりも音場の広がりを感じる
・ノイキャン性能の大幅向上
・音質良好
・音質とノイキャン性能に優れた製品を探しているならリストトップに来る
・音質の改善

という高評価の言葉ばかり…。

 印象的なのは,「音質とノイキャン性能の両立」という捉えをしているレビューが非常に多い点です。
 これまでのノイキャンヘッドホン・イヤホンでは,音質とノイキャンの効きは両立しないという認識が常識的でした。数年前までであれば,BOSE,SONYといったノイキャン特化のメーカーのヘッドホンの音質は惨憺たるものでした。今年,「WH-1000XM4」がそれを打ち破るか…に大注目です。

f:id:es60:20200807150247j:plain

 ゼンハイザーの「MOMENTUM Wireless3」は,ノイキャンの効きはSONYほどではありませんが,その分音質が最高という,「音質特化型」ヘッドホンだと考えます。しかし,そのノイキャンも,世のイヤホンのノイキャンよりは強力であり,曲を流すと周囲の雑音が消えるという,絶妙なセッティング。

 すでに「WH-1000XM4」の発注をしていながらこんなことを言うのも何ですが,
「音質面ではゼンハイザーを超えることはありえないだろう」
と考えています。
 それでも,
「もしゼンハイザーの音質にたいこうするべき同価格帯のノイキャンヘッドホンがでてくるのであれば,それはきっとSONYから…」
という思いがあり,「M3→M4」の伸び代に期待しての購入です。

 ここで,音質に関する逆転ホームランがあったら,この「WH-1000XM4」は爆売れしますよ!