カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iMac 27インチ(2020)のCPUは換装可能?〜Apple Silicon化を控えて,デスクトップMacに望みたいこと〜

iFixitがiMacの分解レポートを公開!

 「最後のIntel iMac」とも言われるiMac 27インチ(2020)が登場しました。オプションの幅が広がり,特に最上位構成のコスパのよさが評判のようです。  

 さて,いつも恒例なのですが,iFixitがこの最新iMacを分解し,そのリポートを公開しています。
 購入後カスタマイズが殆どできないことが多いMacの中で,iMacに関してはRAMの増設が容認されていることは知られていますが,今回は何とCPUの換装が可能なようで…。

f:id:es60:20200812182723j:plain


「AppleSilicon iMac」以後のカスタマイズの行方は?

 記事によると,

新型27インチiMacの分解レポートを,iFixitが公開した。CPUが交換可能になっているようだ,と報告している。修理のしやすさは10点満点中4点という評価

ということです。

 前述したように,これまでのiMacもユーザーによるRAM換装が可能となっていました。純正のRAMは相当値の張る価格設定となっていますので,自前で揃えることでコストを抑えている方々も多いはずですね。

f:id:es60:20200812183300j:plain

 そして…。
 今回のiMacは,何とCPUの換装まで可能なようで…。
 記事には,

T2セキュリティチップの隣にあるCPUは,LGA1200規格のCPUソケットで接続されていることから,CPUの交換が可能となっているようだ

とされています。
 また,「ストレージが4TBと8TBのモデルのみSSDを拡張できる」という情報もあり,これらの情報が正確だとすれば,iMac(2020)は,相当にカスタマイズ性が高いと言えそうです。

 しかし,RAM以外の情報が「可能性」の範疇に留まっており,一般的な活用方法ではないことが残念でなりません。
 私が今年購入したMac Proは,CPU以外のパーツがほぼ換装可能であり,Appleも各種ユニットの選択肢を着々増やしている状態です。やはり「デスクトップ機」のよさの1つには,このような拡張性,カスタマイズ性が上げられるはずですので,Appleには是非とも「デスクトップMac」のカスタマイズを「デフォルト」として考えてもらいたいと強く願います。

 折しも,Macにおいては,脱Intelを掲げた「Apple Silicon化」の大変革期を迎えようとしています。新型iMacは,拡張性が僅かに広がったとはいえ,Inte lMac。問題は,この後…なのです。

 ARMベースのApple Siliconがどのような形状で発表されるのかは分かりませんが,もしこのチップがそっくり換装できるようなシステムが出来上がれば,Macの拡張性は飛躍的に向上します。基本的にチップ内にCPU,GPU等の機能がまとめられているのがARMベースチップのよさであるわけですので,少なくても数年はチップ換装の余地を残すような機種更新を図っていくことができたら,Macの裾野を広げる起爆剤になるのでは…と考えます。

f:id:es60:20200812185517j:plain

 また,同様の考え方で,RAM,SSDの換装も可能になれば,「Macは融通が利かない…」という批判を一気に払拭できることになりますね。また,今後の高性能Mac用に,独立GPUを搭載していく可能性もあるかと思いますが,こちらも換装可能にしてもらえれば,「自由自在のMac」として,PC業界の構造が変わってしまうくらいのインパクトを与えることができると考えるのですが…。

 ノートタイプは無理でも,デスクトップ型であればAppleがその気になれば可能なのではないでしょうか?
 カスタマイズ性を落とすことで,生産の効率化を図ったり,買い換えを促すきっかけとしたり,現状の戦略はAppleにしてもそれなりの狙いがあってのことでしょう。しかし,「デスクトップ型の構成,アップグレードは自由であって欲しい」というユーザーの思いはメーカーの枠を超えて普遍的なものだと考えます。私もMac Proを購入して,つくづくこの点に関しては実感しました。

 Appleさん,ちょうど今が変革のときですよ。「今しか無い…」といってもいいくらいの好機です! 逃す手はないのでは?