カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Samsungもモバイル向けプロセッサを開発?〜Appleの「Apple Silicon」同様,PC業界への参入はあるのか?〜

Samsungが独自のモバイル向けプロセッサを開発?

 モバイル向けプロセッサ,PC用CPUに関しては,Appleが今後数年での「Apple Silicon化」を唱えたことで大荒れの予感がしている昨今です。

 本ブログでは,ARMベースチップの有用性が証明され,高パフォーマンスMacにおいてもこれまでの「Intelチップ + 外部GPU」からの置き換えが可能だと判断された場合,これまでのCPU,GPU生産メーカーの存亡に関わるほどの大変革が起きる可能性があるのでは…と考えてきました。

  AppleのAチップのような統合型SoCチップで事足りるのであれば,何も様々な各種チップを組み合わせて機種構成をする意味も無いわけで…。コスト的にも,消費電力的にも,SoCチップの優位性が高いことは明らかでしょう。問題はパフォーマンス面ということです。
 しかし,このパフォーマンス面にしても,遅々として進まないIntelチップの高精細化を尻目に,Aチップが驚異的なスピードでプロセスルールを精細化している姿を見ていると,
「Intel,分が悪いのでは…?」
と,正直感じてしまう今日この頃です。

 さて,そんな中…。
 Samsungが独自のモバイル向けプロセッサを開発しているという記事を見かけました。何か予感めいたものを感じさせる内容だと感じませんか?

f:id:es60:20200813101751j:plain

 

SamsungがPC業界へと打って出る可能性はないのか?

 記事によると,

SamsungはARM,AMDと共同で,Qualcomm Snapdragonのパフォーマンスを上回る次世代Exynosプロセッサを開発していると,BusinessKoreaが報じている

とのことです。

 これまでARMアーキテクチャの購入に留まっていたSamsungが,チップの「共同開発」へと歩を進めたことは,非常に興味深いことです。なんせ,Appleが「Apple Silicon化」への大転換を図る時期と重なるわけですので,これが単なる偶然であるはずがありません。

 ここからは完全なる個人の妄想なのですが…。
 Samsungが,従来通りにモバイル機器にのみ目を向けているのであれば,何もチップの自社開発というリスクを行う必要は無いのでは…と考えます。とすれば,考えられるのは,Appleの動向への対抗策…?
 具体的に言えば,将来的にSamsungもPC用のチップをARMベースのものに切り替え,それを自社生産していくことを想定しているのではないか…ということです。これまではIntelという「巨人」の供給に頼っていたPC用のCPUですが,どうやらIntelの雲行きが怪しい…。更に,AppleがApple Silicon化を推進すると言うことで,どうやらSoCチップの将来的な可能性が見えてきた…。

 ならば,
「まずはモバイル向けプロセッサの自社開発からはじめ,将来的にはApple同様に,全てのデバイスのチップを自社生産できるようにすることで,市場の囲い込みをしていこう」
と考えてもおかしくはないのではないでしょうか?
 もちろん,「このままAppleの独走を許してはいけない」という,SoCチップのもうひとつの流れを作る…という狙いがあるのかもしれません。

 IntelもSoCチップの開発準備を進めている…という情報が飛び交うご時世です。もしかすると,5年後のPC業界は,「SoCがスタンダード」という時代に変化しているかもしれません。