カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

SONY「WH-1000XM4」レビュー①〜開封,ペアリング,ファーストインプレッション編〜

SONY「WH-1000XM4」到着!

 来ました!
 SONY「WH-1000XM4」

f:id:es60:20200904180003j:plain

 これまでも書いてきましたが,現在,ゼンハイザーの「MOMENTUM Wireless3」という絶対的な存在がありますので,
・音質面でどの程度迫れるか…
・強力なノイキャンで,MOMENTUMとは異なる使用法を模索できないか…
という面に期待しての購入です。

 正直,
「音質ではMOMENTUMに迫ることはできないのでは…」
という思いは強いのですが,「音質面でも向上している」というレビューも多く,若干の期待もしています。

 恐らく,「WH-1000XM4」の音質が物足りないものであれば,今後しばらく「MOMENTUM Wireless3」を音質面で凌駕するモデルは出てこないのでは…と考えます。それだけMOMENTUMの音質は素晴らしいものです。

 さて,今回は「開封,ペアリング,ファーストインプレッション」編をお届けします。

 

箱は豪華,本体はチープ…

 上の写真のように,外箱は非常に立派です。
  「MOMENTUM Wireless3」の箱が,いつもの白と青のゼンハイザーカラーで,非常に安っぽかっただけに,この点ではSONYに軍配。
 しかし,本体は…。
 「MOMENTUM Wireless3」が,見た目も,触感も高級感に溢れていたのに対し,「WH-1000XM4」はプラスチッキーで非常にチープ。これまでのイメージをそのまま踏襲しています。MOMENTUMは,デザイン的にもシープスキンの使い方が非常に上手ですし,革の量感・質感ともに価格以上のものを感じますが,「WH-1000XM4」は真逆ですね。これで4万円超えでは,音質が相当よくなければ物足りなく感じる程度の質感です。
 もう少し何とかならないものでしょうか?

f:id:es60:20200904182433j:plain

「WH-1000XM4」と「MOMENTUM Wireless3」

 ペアリングにもやや難ありです。
 まあ,行程自体には問題はありません。
 電源ボタンを押し,SONYのヘッドホンアプリでペンリングをすればいいわけですので…。

 では,どこに問題があるかと言えば,「スムーズさ」の部分です。

f:id:es60:20200904181356j:plain

 上の写真のように,アプリの「ヘッドホンを追加」から本機を登録するわけですが,「選択開始」から,上の「選択候補」が出てくるまで1分ほど待たされます
 私は,「うまくBluetoothの電波が伝わっていないのでは…?」と疑ってしまったほどです。

 この点,Appleのイヤホンでは接続は「一瞬」ですし,「MOMENTUM Wireless3」も非常にスムーズだったと記憶しています。「登録」自体はそんなに頻度が高いわけでは無いわけですが,それにしても他のメーカーとの快適さがここまで異なると,改善を求めたくなります。

 

 しかし…。
 私が求めているのは「音質」です。

 極論すれば,どんなにチープでも,多少使い勝手が悪くても,音質がよければ全てチャラです。

 というわけで,次回は取って出しの音質について…。