カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iOS14のWidget対応アプリが連日増加している件について〜広がるiPhoneの可能性! 「Staccal 2」の表示バグは直りませんが…〜

iOS14のWidget対応アプリが連日増加しています!

 iOS14の新機能である「ホーム画面へのWidget配置」で,これまでのスタイルが変化する…という記事を先日書きました。 

 Androidでは当たり前にあった機能ですが,Appleデバイスにおいては,iPhone(iOS)だけではなく,「Apple Watch」との関連を意識することで,大きな変化をもたらすことができると考えます。
 また,iPadOS,今後発表されるMacOS Big Surとの兼ね合いを考えると,iPadやMacとの親和性においても期待大ですね。

 さて,そんなiOS14のWidgetですが,iOS14発表後,連日「Widget対応」をうたい文句にアップデートするアプリがふえています。

 これ,アプリ制作側も,iPhoneでのWidgetの可能性を意識して,開発を急いでいるのかもしれません。


正に「自分だけのトップ画面」をつくれる喜び

 上記「9/20付」の記事でも言及しましたが,iPhoneを起動したトップ画面に,スケジュールやtodo等の情報があることで,日常の生活の助けになることが多くなるはず。
 そして,この「必要な情報」はユーザーごとに千差万別でしょう。

 特に,普段自分が欠かさず使用しているアプリのWidgetは,どうしても欲しくなるはずです。

 例えば今回紹介した「Yahoo! 天気」「NAVITIME」などは,気象情報や交通情報が欲しい多数のユーザーが活用しているアプリ。

f:id:es60:20200920194022p:plain

 これらのメジャーアプリが,iOS14リリース後に続々とWidget機能をひっさげてアップデートしていることは,アプリ制作側が大いにWidget機能を意識している証拠です。
 いち早く便利で快適に使用できるWidgetを展開することで,他のアプリを使用していたユーザーの取り込みにも期待できますし,確固たる有料アプリとしてのイメージづくりにも繋がります。

 今後もこのような機運が高まり,「Widget機能が付いていて当たり前」と言える状況になってくれることを願います。
 誰もがお気に入りのトップ画面をつくることができるように…。

 

iOS14でのバグは早くつぶして欲しい!

 Widgetのような新たな展開が目立つ中,iOS14に対応しきれずにバグを抱えたままのアプリも存在します。

 私にとっては,「Staccal 2」のバグが致命的。
 1年前,iOS13とMacOS Catalinaの「リマインダートラブル」を景気に,34ヶ月ぶりのアップデートを果たしたカレンダーアプリ「Staccal 2」。

 カレンダー表示時の視認性に優れ,アップデート前からこれ一本。
 ところが,この「Staccal 2」,iOS14のアップデート後に立ち上げてみると,肝心のトップ画面であるカレンダー画面が「真っ白」になって表示されなくなっています。
 しかし,入力済のデータは生きているようで,従来型のWidgetも正しく表示されております。アップル純正のカレンダーやリマインダーとの連携も生きているようですので,恐らくは「カレンダー画面の表示」に限定されたバグにようなのです。

 ここは是非とも,iOS14への対応を急いでいただきたい!
 「表示されない」という致命的なトラブルのため,近いうちにアップデートが来るとは思いますが,それまでは昨年も臨時で使用したアプリ,「Calendars」でしのごうと思います。

f:id:es60:20200920194414p:plain

 ただ,この「Calendars」,いち早く新タイプのWidgetに対応しておりまして…。
 このまま「Staccal 2」がWidget対応なしで出てくると,困ったことになりそうです。

 是非とも,「Staccal 2」のアップデードジには,「新Widget対応」も強くお願いしたい!

 

★追記★

 カレンダーは表示されるようになりましたが,Widgetは来ませんでした!