カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone12,iPad4搭載の「A14Bionic」の性能アップは期待はずれ?〜AnTuTuのベンチマークスコアが流出!〜

期待の「A14Bionic」の実力は?

 先日発表された「iPad Air4」は,初の「A14Bionic」搭載ということや,iPadProに先んじて…という様々な意味合いで,「下剋上的存在」となりました。 

 「A14」と,iPadPro12.9インチに搭載されている「A12Z」のトータルでの性能比較については分かりませんが,当然シングルにおいてはA14が優れているでしょうから,一部においても「AirがProを凌駕した」という事実に衝撃を受けました。

 さて,そんな「A14Bionic」ですが,当然今後発表されるiPhone12シリーズに搭載されます。Androidスマホに対して,Aチップの絶対的な性能で立ち向かってきたiPhoneですので,今回のその性能に期待したいところですが,なかなかに微妙な数値が出てきました。

 AnTuTuのベンチマークスコアが流出です。

f:id:es60:20200921132233j:plain

「8〜16%」の性能アップをどう見るか…

 記事によると,対11Proとのスコア比較では,「8〜16%」ほどの性能向上が見られたとのことです。

f:id:es60:20200921130730j:plain

f:id:es60:20200921130738j:plain

f:id:es60:20200921130759j:plain

 どうでしょう?
 記事では,「大幅な性能アップ」という表記もありますが,私はなかなかに微妙な数値だと感じるのですが…?

 特にグラフィックに関しては,「誤差」とも受け止められる数値。
 本当に大丈夫なのでしょうか?

 この捉え方を受けるように,記事には以下のように,A14Bionicの性能に対しては,受け止め方が様々だ…ということも書かれています。

リーカーのIce universe氏は「A14 Bionicのパフォーマンスは期待はずれで,Qualcomm Snapdragon 865 Plusよりも劣るものだ」とTwitterに投稿

 もし本当にSnapdragonよりも性能が劣っているのであれば,一大事なのですが…。

 

ことはiPhoneに留まらず…

 「一大事」としたのは,もちろん,これまでチップ性能でその存在意義を示してきたiPhoneの立ち位置が揺らぐ…という意味合いがひとつ。

 もうひとつは,今後のApple Siliconへの懸念が広がるのでは…という思いです。

 ご存知のとおり,今後新しく発表されるMacにはもAチップベースのApple Siliconが搭載され,Intel製チップとは決別することが明言されています。
 我々は,これまでの「Aチップの絶対性」を前提に,何の根拠も無しに「安心感」をもってこの話題と接してきました。
「Aチップベースであれば,余程の高性能Mac以外であれば余裕でまかなえるだろう」
と…。

 しかし,今後Aチップの性能が頭打ちになるようなことがあれば,この安心感も吹き飛んでしまいます。
 世の情勢として,PCに搭載するチップをSoCチップへと切り替えていこうとする動きは,Apple以外にもあるやに聞き及びます。「Aチップの衰退」は,今後のAppleの業績に致命的な陰を落とすことになりかねないのです。

f:id:es60:20200921132500j:plain

 今後,A14だけでなく,来年度のiPadPro12.9インチに搭載されるであろう「A14X」相当のチップ,Macに搭載されるApple Silicon等,続々と新しいチップが登場していくことになります。価格,省電力性等,もちろん期待することは多数あるのですが,私は「チップパワー」あってこその「その他の期待」だと考えます。

 GeekbenchでのA14のスコアはどのような数値なのか…。
 Snapdragon 865 Plusとの比較も含め,非常に気になります。