カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「AirPower mini」は,iPhone12と同時に発表されるのか?〜iPhone12専用? 深まる謎〜

「AirPower mini」の登場はあるのか?

 AirPowerの再開発の噂を信じ,その登場を待ちわびている本ブログ。
 その「待望論」については,これまでも書いてきました。 

f:id:es60:20200929184731j:plain

 前回の「AirPower開発中止」の後に「再開発」情報が流れてからは,「AirPower mini」なる小型のQi充電器の開発が噂も流れるなど,一体どの情報を信じればいいのか…という状態になっておりました。 

 しかし,ここに来て,内容だけを見ると「辻褄が合う」と合点するような記事を見つけました。

 なんと…。
 iPhone12と同時に「AirPower mini」が登場する?

 

iPhone12シリーズ背面の円形磁石が…

 記事によると,

アナリストのKomiyaが「AirPowerが今年の秋に登場する」とツイートした。ただし,Komiyaによると今年の秋に発売されるのは,複数のデバイスの充電に対応するオリジナル版のAirPowerではなく,iPhoneのみの充電に対応する「AirPower Mini」と呼ばれるバージョンになる

ということです。

 いきなりの「AirPower mini発売」に驚きを感じると同時に,妙に合点がいくことが…。
 それは,以前にも話題にした,iPhone12に搭載すると言われている背面の「円形磁石」です。 

f:id:es60:20200929182719j:plain

 わざわざ本体に磁石を埋め込むということは,もうQi充電のためとしか説明できません。
 個人的には「双方向充電システム」のため?…とも考えましたが,こちらに関しては現行の11シリーズでも機能自体は搭載されており,システム上で意図的にオフにされているというのがもっぱらの噂です。

 だとすれば,今回話題になっている円形磁石は,新しいQi充電に関係があることになりますし,もはや考えられるのは「AirPower関連」しかないとも思えてきます。

 また,今回の「AirPower mini」がiPhone12専用となるという今回の記事の内容が,その信憑性を高めているような印象を受けます。
 今回出る「mini」は,iPhone12専用とし,後に出る通常サイズの「AirPower」が,その他のApple Watch,AirPods等にも対応する…ということであれば,開発スピードの面でも無理がないかと…。

 

しかし…あくまで「本命」はノーマルAirPower! 

 今回「mini」が出るにしても,「本命」はあくまでもノーマルAirPowerです。
 つまり,広めのマットに多重コイルが埋め込まれており,同時に複数のデバイスを受電するタイプ。

f:id:es60:20200929184743j:plain

 噂では「A11チップ」を搭載することで,熱制御を行っているようです。 

 しかし,これまで試した各種Qi充電器が,結局は熱を帯び,満充電後もデバイス本体を加熱してしまった…という事実は消えません。この「ノーマルAirPower」が,私が期待している「ケーブル充電と同等の発熱量」になってくれるかどうかもはっきりしません。

 むしろ,これまでの経験からすると,いくらAppleとはいえ非常に難しいのでは…という思いの方が強いです。

 もし,「mini」にすることで,「多数デバイスの同時充電」という縛りが消え,満充電後の過加熱が解消できるのなら,「miniの多数買い」もありです。

 しかしまあ…。
 今回の情報では「iPhone12専用」ということですので,今後どのようにして他のデバイスに用途を広げていくのかには注目ですね。
 AirPower側の改良をしていくのか,それともWatchやAirPodsにも磁石を内蔵させることで「miniに対応」させていくのか…。でもそれだと,iPhone11シリーズ以前のQi充電対応機がAirPowerで使用できないことになってしまうし…。

 う〜ん,非常に難しい問題ですね!