カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone12ディスプレイの「セラミックシールド」は確かに効果あり!〜「1段階」とはいえ侮れない〜

「ガラス破損」との付き合いからは逃れられないから…

 スマートホンは大画面が当たり前…。

 いつの間にかそのような感覚が染み込んでいるわけですが,初めて「iPhone3GS」を手にしたときの感動は今でも忘れられません。

 たった「3.5インチ」の画面だったわけですが…。

 しかし,同時に我々は,「ディスプレイ破損」の恐怖との同居を余儀なくされました。AppleCare+への加入についてはいつも迷うのですが,私も一度だけ恩恵にあずかったことがあるので,むげに「必要ない」とも言えません。

 意外と大々的に落下させたときは大丈夫で,なんてことはないときに「いっちゃってる」ものでもあります…。

 そんな中,今回のiPhone12に関しては,「ディスプレイの強度が上がった」ということがひとつの売りになっています。
 果たして,Appleが主張するように,確かな強度アップがなされているのか…?
 早速実験した人がいるようです。

f:id:es60:20201024155508j:plain

強度アップは単純に嬉しい限り!

 記事によると,

YouTuberのMobileReviewsEh氏が,「iPhone 12」と「iPhone 11」の画面ガラスの耐久性を調査した比較テストの映像を公開している

とのこと。

 iPhone12シリーズでは,セラミックシールドと呼ばれるディスプレイのガラスの耐久性を向上させる技術が採用されています。

f:id:es60:20201024155520j:plain

 Appleが最も力を入れてアピールしているのが,4倍にもなった「耐落下性能」
 「カバーとボディのエッジを同じ高さにしたことにより,カバーがさらにしっかり守られます」と訴えていますね。
 つまり,ガラ寸帯だけでなく,ボディーの骨組み自体を見直したということなのでしょう。

 さて,「落下」については,「やってしまった自分」を責めることで納得することも可能なのですが,最も納得できないのが,いつの間にか付いてしまっている「擦り傷」ではありませんか?

 この擦り傷は,自分では何の心当たりもないのに,ふとした拍子に付いてしまっている…ということが多いのでは?
 iPhone12シリーズでは,この擦り傷に対しても強化が施されているようです。

 さて,記事内で紹介されている肝心の実験結果はというと…。

フォースゲージとモース硬度キットを用いて画面ガラスの強度をテストしており,まずはフォースゲージを使用した場合,「iPhone 11」は352ニュートンの荷重でディスプレイが割れてしまったものの,「iPhone 12」は442ニュートンまでの荷重に耐え,「iPhone 11」よりも強度が向上している


次に、モース硬度キットを利用したテストでは,「iPhone 11」ではモース硬度”6″で傷がつき始めたものの,「iPhone 12」はモース硬度”7″から薄らと傷がつき始め,”8″で大きな傷がつく結果となった

とのこと。

 耐衝撃性も,ひっかき傷に対する耐性も,確実に向上していることが分かります。
 単純に,嬉しいことですね。

 

それでも傷に対する恐怖心は消えない

 しかし,だからといって,iPhone12ユーザーが,傷に対する備えをしなくなるかといえば,それは違うでしょう。
 「知らないうちにひっかき傷が…」という展開が嫌で,多くの方がカバーガラスなどの保護フィルターを貼ることに変化はないはず…。

f:id:es60:20201024161252j:plain

 私は,ガラス貼付剤の「EVERPROOF」を導入しています。先日2回目の貼付を,iPhone11Proに(AppleWatch Series6と同時に)行いました。

 来年度iPhoneを買い換えたときにも,何かしらの方策をとっていくはず。

 やはり「折りたたみ式が常識」という世界にならない限り,いたちごっこが続くのでしょうね…。