カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「RF35mm F1.2L USM」は来るのか?〜2021年登場予定のCanon RFレンズ(CR2)〜

「RF35mm F1.2L USM」は来るのか?

 早い時期にCanon「EOS R5」を手にすることができ,以前よりもシャッターを切るのが楽しくなっております。

f:id:es60:20201012093731j:plain

 このカメラを手にして,つくづく思うのが,「RF50mm F1.2L USM」の描写の素晴らしさです。

f:id:es60:20201012101044j:plain

 「RF24-70㎜ F2.8L IS USM」「RF70-200㎜ F2.8L IS USM」も購入してしまったというレンズ沼状態なのですが,「24-70」に関しては画像中央部と周辺部の描写が違いすぎて困惑するほど。周辺部にピントをおくような撮影ははばかられるような感じ…。

 「70-200」に関しては大きな不満はないものの,解像度,色のり等,全てにおいて「50㎜」に見劣りします。

 まあ,比べる方が悪いのでしょうが,「大三元」と比較しても明確な違いを出してしまう「50㎜」は,明らかに「化け物」だと感じます。 

 これまで目を向けてこなかった「L単」の実力を感じているわけですが,そんな私が以前から注目していたのが「RF35mm F1.2L USM」です。

 「50㎜」は確かに素晴らしいのですが,画角が狭くなることも多く,万能性ということを考えると,「35㎜」が欲しくなります。特に町中での撮影において…。

 「35㎜ F1.8」は持っており,ハーフマクロとして重宝しているのですが,どうしても「L」と比較すると,解像感,ボケ感,色のりの部分で違いがはっきりと分かってしまいます。全体の「雰囲気」も全く違うんですよね…。

 以前は頻繁に噂に上っていた「35㎜ L」。最近は名前さえ見ることもなくなっていたのですが,ここに来てようやく「CR2」レベルでの情報が届きました。

 2021年には出て欲しい!

f:id:es60:20201012095456j:plain

 

2020年は怒濤のレンズラッシュ?

 まずもって噂になっているレンズを紹介すると…

TS-R14mm F4L
TS-R24mm F3.5L
RF10-24mm F4L USM
RF14-35mm F4L IS USM
RF24mm F1.8 IS STM Macro
RF35mm F1.2L USM
RF100mm F2.8L Macro IS USM
RF135mm F1.4L USM
RF100-400mm F5.6-7.1 IS USM
RF400mm F2.8L IS USM
RF500mm F4L IS USM
RF600mm F4L IS USM
RF800mm F5.6L IS USM
RF1200mm F8L IS USM

となります。

 「RF35mm F1.2L USM」に関しては,必ず購入したいレンズ。
 個人的には,このレンズを購入すれば,とりあえずRF体制が完成…と思えるレンズです。

 描写が「50㎜」レベルなのであれば,持ち出しが最も多くなりそうなレンズですので,本当に楽しみです。「CR2」ということは,それなりの信憑性もありそう。心から期待しています。

 残るレンズで気になるのは,「100㎜マクロ」でしょうか?
 個人的にさほどマクロを多用する方ではないので,「すぐに…」というほど気持ちは動いていないのですが(金銭的な余裕もさすがにありませんし),もしかしたら数年後には…と考えてしまうレンズですね。

 いずれにせよ…。
 2020年は,Canonにとって「R5」「R6」という,生き残りをかけたRFカメラ本体を発表した年になりました。
 コロナによってそのスケジュールも相当に狂ってしまったかもしれませんし,「供給」という意味では,その影響が今後も続くことが予想されます。

 しかし,カメラ本体を世に問うたということは,今度はレンズを充実させていかなければなりません。
 是非とも,「2021年は,Canonレンズ怒濤のラッシュ」といってほしいものです。