カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「AppleSilicon iMac」と「新型MacBook Pro16インチ」の噂から考える,今後のMacロードマップ

「Apple Silicon」の現状とは?

 11月のAppleイベントで,いよいよ「AppleSilicon Mac」が登場するとの,もっぱらの噂です。

 プロッサー氏などの予測では,最初に登場するのは「MacBook Pro13インチ」になるのでは…とされていますね。

 A14をベースとしたチップの性能は,現行の「MacBook Pro16インチ」を凌駕する…とも言われていますので,本当に登場が楽しみです。 

 そんな中,最近,Macの新モデルについての情報が立て続けにリークされています。

f:id:es60:20201028191430j:plain

 登場が噂されている「13インチ」の情報ではないのですが,これらの情報を考えていくと,現状の「Apple Silicon」に対するAppleの考え方が見えてくるような気がします…。

 

あえてこの時期に「新16インチ」の意味

 上の2つの記事は,

〇CPUを第10世代Intel Coreプロセッサに刷新した16インチMacBook Proが2020年内に発売される可能性がある

〇Apple Siliconを搭載した「iMac」は来年前半に発売されるようだ

というものです。

 まずもって,年内に「16インチPro」の新型を発表することの意味合いです。
 この「16インチ」がIntelMacになる…ということがその全てを象徴してるような気がします。
 それは以下の2点かと…。

①外部GPUを搭載するようなハイパワーモデルモデルは,まだ量産できる体制にない
②Intelチップを搭載することで動作するアプリを,Apple Silicon上で動作させる耐性が整っていないため,ハイパフォーマンスのIntelMacBookをこの時期に用意する必要がある

 もし上記の2点をクリアできる状態なのであれば,これまで来年半ばとも噂されていた「14.1インチ」「16インチ」の登場を待てばいいわけですので,やはり現状のAppleSilicon Macに関しては,発売後もしばらくの間は,様々な制限がつきまとうのではないかと予想します。

 特に,比較的マイナーなWindowsアプリや,Parallels等の仮想化においては,AppleSilicon Macで使用できるのか…という問題が残りそうです。
 ユーザーによっては,この点が致命的になることもあるのではないでしょうか?

 

「AppleSilicon iMac」が来年前半登場…の意味

 さて,16インチの後継機がIntelMacになるのに,程なく発売される新型iMacはApple Siliconを搭載するというのは,大きな矛盾を抱えます。

 上記の①②の問題のいずれにも引っかかってきますよね。
 とすれば,予想されるのが,
「先行で発売されるのは,旧21.5インチ相当の廉価版iMacになる」
ということです。

f:id:es60:20201028191501j:plain

 これまでも,
「小さいサイズ(23 or 24インチ)のiMacが今年中に発売」
というリークが多く発表されていましたので,これが後ろ倒しになって「来年前半」となったのではないでしょうか?

 ということは,当然外部GPU非搭載のそこそこの性能の廉価版となります。
 さらに,この時期に廉価版先行発売となれば,現行27インチ相当の高性能AppleSilicon iMacは,相当後ろ倒しになるのではないでしょうか?

 現行の新型iMac27インチが秋に発売されたばかりですので,このままのペースで後ろ倒しになっていくと,2021年には登場できないのでは?
 2022年春…という考え方もできるかと思います。

 逆に…。
 その頃になると,外部GPUまで自前にしようともくろんでいるAppleの野望が,いよいよ本格的に実るようになる…ということでしょうか?

 いずれにせよ,今後の各種Macの発売には大注目となりそうです。