カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

なかなか登場しない「MacOS Big Sur」は大丈夫だよね?〜去年の二の舞は勘弁して欲しい…〜

MacOS Big Surは「AppleSilicon Mac」と同時の発表?

 「秋」に登場するとアナウンスされている「MacOS Big Sur」

 iPhone12シリーズも発売されましたし,もう11月ですので,そろそろ登場してもらいたい…と考えている方も多いのではないでしょうか?

 近年のmacOSは,iOSやiPadOSとの融合が大きなテーマとなっており,これまでの「mac用のOS」という位置付け以上に注目度が上がっています。
 「OSの融合」という考え方は分かりますし,非常に興味をそそられるわけですが,まずもってMacがMacとしてしっかり機能することが大前提。それ故,昨年の「MacOS Catalina」の不出来ぶりが叩かれてしまう結果になるわけです。

 MacOS Catalinaは,もちろんOSの機能自体の不具合も多かったのですが,非常にまずかったのは,各OSを跨いで,純正アプリの不具合が発生してしまったこと。

 今年の「iOS14」では,昨年のようなトラブルはないようですが,「MacOS Big Sur」を導入した途端に…なんてことは勘弁してもらいたいものです。

 さて,その「MacOS Big Sur」…。
 一体いつになったら登場するのでしょうか?
 「11/4頃には…」という予測もあったのですが,この度,リリース前に「バージョン11.0.1」のbeta版がリリースされたことが明らかになり,どうも周囲がざわざわしています。

 昨年度のiOSのように,ドタバタとアップデートが続く…なんてことは避けてもらいたいのです!

f:id:es60:20201029184431p:plain

 

AppleSilicon Macの登場前? それとも同時?

 上記の記事では,

Macworldが,これまでのmacOSの公開スケジュールから推察するとmacOS Big Surの最終ベータ版は現地時間10月28日に公開され,正式版が現地時間11月4日にリリースされるのではないかとよそうしている

と予想した後に,最終データ版ではなく「バージョン11.0.1」が登場したことに驚きを隠していません。

Appleは29日,新macOSとなるBig Surのバージョン11.0.1ベータ1をデベロッパー向けにリリースした。Big Surの正式版がリリースされる前に,新たなバージョンがデベロッパーに提供される異例の事態となる

f:id:es60:20201029185725j:plain

  昨年のiOS13も,リリース直後にアップデートが繰り返されるという最悪の事態となりました。

 どうも嫌な予感がしてなりません。

 ただでさえ,今回のMacOS Big Surは,デビューする「AppleSilicon Mac」を支える…という意味合いが大きいわけですので,「不具合」と裏腹なことは覚悟しなくてはならないでしょう。

 加えて,今回のような不可解なアップデート準備の様子を見聞きすると,
「もはや,不具合を抱えてデビューし,矢継ぎ早に修正のためのアップデートが来るのが確定か?」
と疑いたくもなってしまいます。

f:id:es60:20201029185849j:plain
 Macは当然「お仕事」で利用するユーザーも多いわけです。ここがiPhoneやiPadとの大きな違い。つまり,Macが止まってしまっては死活問題に繋がりかねないということ。
 macOSには何よりも,「堅実性」が求められるべきです。

 果たして「MacOS Big Sur」は大丈夫なのでしょうか?

 また,AppleSilicon Macや,様々なアプリや周辺機器との相性やいかに?

 楽しみでもあり,怖くもある…。
 それが「AppleSilicon Mac」や「MacOS Big Sur」に向けた正直な思い出もあります。