カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「M1 Mac」のシステム復元中にエラー発生の報告!〜対応があるまでは避けた方が賢明〜

「M1 Mac」のシステム復元中にエラー発生?

 「驚きの爆速ぶり」が次第に明らかになってきている「M1チップ」搭載Mac。

 「アプリのユニバーサル化」「Rosetta2下でのパフォーマンス低下」という問題点が気になっていたわけですが,先日「Twitter」や「Chrome」といったメジャーどころがユニバーサル化されるとともに,Office系やAdobeアプリの準備も進んでいるようで…。

f:id:es60:20201118145440j:plain

 しかも,「Rosetta2」のエミュレート下でも十分に「速い」ことが判明してきていますね〜。

 外部ディスプレイ接続数に制限がある「M1 Mac」。外部機器がこれまで同様に利用できないということがこれから出てくるかもしれませんが,上記の対応アプリと周辺機器の問題がクリアになってくるのであれば,もはや誰も「Intel Mac」に見向きもしなくなるでしょう。

 Appleが唱える「2年を目処にApple Siliconに入れ替える」という言葉が,現実味を帯びているような気がしています。
 素直に,驚きです!

 さて,そんな中…。
 「M1 Mac」のシステム復元中にエラーが発生した…という報告が上がってきているようです。

f:id:es60:20201118145558j:plain


 

再インストールできない状態に…

 記事によると,

MacRumorsによると,M1チップ搭載Macを復元しようとした一部のユーザーから,macOSの再インストール中に問題が発生し,復元出来なくなる問題が報告されていることが分かった

とのことです。

 なんでも,macOSの再インストール中に「アップデートの準備にエラーが発生しました」とのエラー画面が表示され,再インストール出来なくなるようで…。

 いやいや,そもそもmacOSの再インストールということは,何らかのトラブルがあった際に試すことが多いわけで,そんなときにこのトラブルに見舞われたら,正に「泣きっ面に蜂」の状態ですね。

 あるアプリを使用した特別な回復方法が記載されていますが,このアプリの評価が非常に低いもので,私だったら使用に踏み切れないかもしれません。
 また,問題なのは,Mac1台では「万事休す」となってしまうという点。上記アプリでの復元の際にも,もう1台のMacとケーブル接続して…という方法しかないようなのです。

 「TIMEMACHINE」のバックアップシステムを標準搭載するなどの,macOSの考え方はありがたいのですが,結構な数のバグが存在するのが玉に傷です。
 特に今回の「再インストール」のようなシステムの根源部分に関するバグは,決して出してはいけないバグのひとつでしょう。

f:id:es60:20201118145844j:plain

 今年は折しも「M1 Mac」のデビューの年。
 ただでさえ「不具合」にはシビアな視線が注がれています。Appleには,素早く誠意ある対応を望みます。

 具体的な対応があるまで,「M1 Mac」の無用なシステム復元は行わない方が賢明かもしれませんね。