カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「M1 Mac」上でiPhoneアプリがどの程度動くのかを検証した動画がおもしろい!〜結局アプリ側の対応次第〜

「M1 Mac」上でiPhoneアプリがどの程度動くのか?

 「M1チップ」搭載のMac上では,iOS・iPadOSのアプリが動くようになったようです。

 これ,特にMac用のアプリが存在しない場合に,それをMacで動かすことができれば,作業の可能性も広がりますね。

 しかし,実際どのくらい使えるものなのか…。
 「M1 Mac」を持っていない身としては非常に気になるところでした。

 そんな中,YouTubeで,分かりやすく検証してる動画を見つけましたので,ご紹介させていただきます。

 

アプリ側が対応していることが条件!

 詳しい検証を行っているのが「シンスペース」さんです。

 まずはMacにインストールできるiPhone・iPadアプリの見つけ方。
 Mac用アプリ同様に「App Store」から行うようです。

 しかし当然ながら,通常の表示ではMac用のアプリしか出てきませんので,左上の「検索窓」にアプリ名を打ち込んでやる必要があるようです。

f:id:es60:20201122101423j:plain

 動画内では,「lumafusion」というアプリを検索していました。
 すると,以下のような画面が…。

f:id:es60:20201122101541j:plain

 この「lumafusion」は,Mac用のアプリはありませんので,「Mac App」の欄は空白。
 この際に「iPhoneおよびiPad App」を押すことで,iPhone・iPad用のアプリ一覧が表示され,インストールできるようになります。

 しかし,全てのiPhone・iPad用アプリがMacに対応しているわけではないようで,

・「GoodNote」のようにすでにMac用のアプリが存在している場合には,iPhone・iPad用のアプリはMacに対応していないことが多い

・iPhone・iPad用のみのアプリであっても,アプリ側が対応していないために表示されないものも多い

・「Chrome」のように,「App Store」経由ではなく,WEBからダウンロードしなければならないアプリも存在する

などといった傾向があるようです。

f:id:es60:20201122102923j:plain

 個人的には,「GoodNote5」のiPad版の使い勝手を楽しみたかったのですが,夢は叶わず…。まあ,ApplePencilがあってこその快適さだと考えれば,MacとiPadとの連携で使用すべきアプリなのかもしれません。

 しかし,これまでiPhone・iPad用として使っていたアプリが,Macでも使えるとなれば,可能性が広がることは事実です。
 それをどのように活用するかは個人に任された部分ですので,このあたり,実にAppleらしい考え方といえるかもしれません。