カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

なんと… Samsungが「6億画素」のスマホカメラを開発中?〜一眼とスマホの両極化も,ここに極まれり〜

「6億画素」って… 意味が分かりませんが

 デジタル一眼レフ創生期から新機種を追い求めていたものの,Canon「EOS5DMarkⅡ」で低感度域の画質限界を感じてから,しばらくはデジ一に関心をなくしておりました。

 そうしている間に,スマホカメラの性能が飛躍的に向上し,一般のユーザーであれば,一眼を必要としない時代に突入していました。

 私も,
「このまま行けば,スマホカメラが一眼の代用になるのでは…」
と,一瞬考えたのですが,いざ本格的に検証し始めると,やはりそこには大きな壁が存在したわけで…。 

 まあ,当然と言えば当然なのですが,要は,写真を単なる記録物と捉えるか,作品と見るかの違いです。
 単に写っていればいいのであれば,スマホ一択。もはや一眼に手を出す必要はありません。
 しかし,ある程度の画質を要求したり,動きもの等の条件が加わったりすると,一眼以外の手段はないわけで…。
 これらの試行錯誤については,以前の記事をご覧ください。

 というわけで,RPで初のミラーレス感覚を味わった私は,現在「R5」を使用しているわけでして,巡り合わせというものは非常に怖いものです。
 あっ,もう一度カメラ熱が戻ったのには,ミラーレス機のピント精度から来る画質のよさに魅了されたことが大きいですので,「デジタル一眼レフ」で留まっている方は,是非とも「ミラーレス機」を試していただきたい!
 写りが全く異なりますので。

 さて,確かにストロングポイントのあるミラーレス一眼ですが,前述したように,こと汎用性においてはスマホカメラの右に出るものはありません。
 また,「AI処理」が第一前提として考えられるスマホカメラにおいては,Samsungが一億画素超えのスマホカメラを用意するなど,デジ一との奇妙な逆転関係も生じています。

 本来であれば,センサーサイズがダントツで大きなデジ一の画素数の方が画素数が大きいはずですが,そこを強引に可能にするのが,デジタル技術の恐ろしいところですね。

 さて,そんなSamsungですが…。
 この度,一億どころではなく,「6億画素」のスマホカメラを開発中…という情報が飛び込んできました。

 一体何がしたいんでしょうか?

f:id:es60:20201207185848j:plain

現状での搭載は無理だが…

 記事によると,

SamsungはGalaxy S20とNote20のハイエンドモデルに1億800万画素のカメラモジュールを採用しているが,その約6倍となる6億画素のスマホカメラの開発を裏付ける資料が流出した

とのこと。

 大元の記事がこちらのようですね。

 しかしこのカメラが実際に販売されるスマホに搭載される可能性は,当分なさそうです。
 というのも,

〇センサーサイズが「1/ 0.57」サイズとあまりにも巨大であり,そのセンサーサイズは「背面パネルの12%を占める面積」となってしまう

〇センサーの厚みが「22㎜」もあり,スマートホンに搭載するにはあまりのも厚すぎる

ということのようです。

 センサーサイズのことはよく分かりませんが,「1/ 0.57」ということであれば,「APS-C」ほどの大きさになる?
 だとすれば,もはやセンサーサイズだけを見るとデジ一レベルということになりますね。
 もちろん画素数が異なりますので,「APS-Cデジ一」の写りがいいのはいうまでもありませんが,それにしても…。

f:id:es60:20201208191335j:plain

 また,センサーサイズの厚みも大きな問題ですね。
 スマホのカメラレンズが本体よりもせり出してしまうようなってから数年経ちますが,どう考えても見栄えは良くないですし,iPhoneのように,カメラレンズ周辺のエッジがディスプレイを傷つけてしまう…という弊害も見られます。

 しかし,「22㎜」の厚さのセンサーを搭載すると,以下のような驚きの厚さになるようで…。

f:id:es60:20201208191315j:plain

 これでは使い勝手がどうこうという問題以前ですね。

 

それでも数年後を考えると…

 それでも,私はSamsungがこのような巨大なセンサーをスマホに搭載しようという考えをもっていること自体が脅威だと捉えます。

 きっと,センサーサイズや厚みの問題は,数年後にクリアされるようになるのではないでしょうか?

 だとすると…。

 静止画のような撮影であれば,スマホカメラが一眼に肉薄するような時代が来ないとも限りません。いや,きっと来ることになるでしょう。

 特殊な撮影や絶対的な画質は別にして,今現在のようなスマホカメラの活用法でいいとするならば,一般的なユーザーの殆どのニーズを満たす撮影が,「一眼並み」の画質で気軽に撮れる…。
 いやいや,ますますカメラメーカー受難の時代がやってきそうです。

 また,Samsungが「高画素化」に進むのであれば,Appleはどのような進路を選択するのでしょうか?
 iPhoneのカメラは,「悪くはないが,決して業界トップではない」というのが標準的な認識でしょう。画素数も控えめですし…。
 SamsungやHUAWEIのように,スマホカメラに独自の付加価値をもたせているメーカーに対するAppleの戦略にも注目ですね。