カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Jabra「Elite 85t」レビュー②〜イヤーチップ選び,ノイキャン編 パート1〜

さてさて,肝心のイヤーチップ選び!

 Jabra「 Elite 85t」レビューの第2弾。

f:id:es60:20201213120901j:plain



 前回は,ファーストインプレッションをお届けしましたが,これまでのイヤホンと異なり,私の耳には純正のイヤーチップが全く合わなかったこともあり,そもそもの「フィッティング」「ノイキャン」「音質」における第一印象さえも書くことができないという異常事態に陥りました。  

 純正Lサイズのイヤーチップでもスカスカの音であり,ノイキャン効果ゼロでしたので,真っ当な評価はできないと判断した次第です。
 まあ,これまでも,私の耳はその形故か,ノイキャン効果を感じとりづらいようで,AirPods ProとBOSE「QuietComfort Earbuds」では強力に感じ取ることのできるノイキャンが,その他の機種ではさっぱり…(過去のレビューをみていただければお分かりいただけるかと…)。
 ヘッドホンでは問題なくノイキャン効果を感じ取れていることから,聴覚的な何かというよりも,やはり耳の形状から来る個人差なのだと,半ば諦めています。

 というわけで,とりあえずこれまでのイヤホンに付属していたものや,サードパーティー製で購入したものを取り集め,フィットするイヤーチップを選択することにしました。

 

意外と装着は可能である!

 まずもって,この「Elite 85t」,ノズル先端が以下のように楕円形になっております。

f:id:es60:20201213113709j:plain それに伴い,当然イヤーチップの装着部も楕円形ですし,イヤーチップ自体も楕円形になっています。

f:id:es60:20201213110124j:plain

 まずはこれが私にとってはいけないようです。
 円形のイヤーチップであれば,耳穴が円形でも楕円形でも柔軟に対応できるでしょうが,もとの形が楕円形の場合,耳穴が円形気味の人にはなかなか対応できないのではないでしょうか?

 だからこそ,サードパーティー製のイヤーチップは,大概が円形になっているのかと…。
 Jabraは,何故敢えてこの形状を選択したんでしょうか?
 「Elite 75t」では,通常の円形だったと思うのですが…。

 というわけで,イヤーチップ探しです。
 意外だったのは,「楕円形」のノズルでも,通常のイヤーチップが結構違和感なく装着できるということです。

 ここで思い出したのは,以前購入したAVIOT「TE-BD21f」のノズルも楕円形だったということ。「Elite85t」ほど極端ではありませんでしたが…。
 しかしこの機種は,イヤーチップの形状は,ほぼ円形でしたので,実際の装着への影響はなかったんですよね。しかし,この際も様々なイヤーチップが装着可能でした。

 というわけで実際に試したのがこちら。

f:id:es60:20201213115219j:plain

 左から,

①「MOMENTUM True Wireless  純正Lサイズ」
②「SONYハイブリッドイヤーチップ  LLサイズ」
③「SpinFit Lサイズ」
④「AVIOT TE-BD21f 純正Lサイズ」
⑤「BeatsX 純正Lサイズ」

となっております。

 聴こえには個人差があるかと思いますので,各々の詳細は書きませんが,総じて言えば,

②・③・④は,①と⑤に比べてやや小型であり,これらのイヤーチップでは,低音が不足するとともに,ノイキャンの効きが殆ど感じられない

という傾向がありました。
 というわけで,この3つはとりあえず除外。

 ①に関しては,やや低音過多になり,中・高音域が曇りがちになってしまいます。
 対して⑤は,低・中・高のバランスがほぼフラットで,ボーカル帯も気持ちよく聴くことができました。

 この5つのイヤーチップの中であれば,「BeatsX 純正Lサイズ」ですね。
 ノイキャンの効きですが,他のレビューを見ると,「非常に素晴らしい」という意見が多いのですが,BOSE,AirPods Proからは大きく落ちます。

 上記の①と⑤を装着していても,「うっすらと効いている」という程度。過度な期待はしない方が賢明です。
 YouTubeのレビュアーで,
「BOSEを10,AirPodsProを9.5とすれば,Elite85tは8.5」
と表現している方がいました。

f:id:es60:20201213103812j:plain

 私はもっと落ちると思うのですが,結局,イヤホンで十分なノイキャン性能を有しているのは,現状「BOSE」と「AirPodsPro」しかない…ということなのでしょう。

 

他に選択の余地はないか?

 ここで終わろうと思ったのです。イヤーチップ選び。

 しかし,いいと感じた「BeatsX 純正Lサイズ」は,他のイヤーチップに比べて若干外れやすいという致命的な弱点があるのです!(涙)

 そこで…。
 他のサードパーティー製のイヤーチップを数種類試してみることにしました。

 ということで,次回は「イヤーチップ選び,ノイキャン編」のパート2をお届けします。