カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone13は,「LTPO」の力でProMotionディスプレイを実現する?〜消費電力の押さえ込みが鍵〜

iPhone13は,ついにProMotionディスプレイを搭載?

 年末になり,いよいよ来年度のiPhone,「iPhone13」の詳しい話題を頻繁に見かけるようになりました。
 先日は,「ディスプレイ下埋込み型Touch ID」に関する情報をお届けしましたね。  

 今回は,リフレッシュレート120Hzの「ProMotionディスプレイ」のお話。
 その消費電力の多さから,iPhone12への採用が見送られたと言われている「ProMotionディスプレイ」が,ついにiPhone13で採用されるというのです。

 電力消費に対する打開策とは?

f:id:es60:20201215181523j:plain

「LTPO」で消費電力を抑える!

 記事によると,

韓国メディアThe Elecが,iPhone13シリーズにラインナップされる4モデルのうち2モデルには,リフレッシュレート120HzのProMotionディスプレイが搭載されると報じている

ということです。

 「iPhone13シリーズ4機種中,2機種に採用」
という記述もありますので,まあ順当に考えると,「Pro」の2機種となるのでしょう。

f:id:es60:20201215183921j:plain

 さて,問題は,消費電力対策ですね。
 一つ目の見方として,先日も記事にした「モデム」の件があると思われます。
 iPhone12シリーズは,Qualcommの旧型モデムを搭載しているため,消費電力が大きくなってるようです。今後はこれを最新式のもの,そして近いうちに「Apple純正モデム」に切り替えることで,消費電力を押さえ込むつもりでしょう。

 そして,今回の記事にあるのは,「LTPOディスプレイ」の採用です。
 この「LTPOディスプレイ」とは,

「Low Temperature Polycrystalline Oxide」(低温多結晶酸化物)の略称で,電荷移動度の安定性に優れたの低温ポリシリコン(LTPS)と,均一性が高くリーク電流の少ないTFTを組み合わせた技術。ディスプレイを書き換えるのにかかる消費電力を抑えることができるのが特徴…

という代物のようです。

 Apple Watchにも採用されているということですが,Series5の「常時表示ディスプレイ」実現にあたり,多少画面が暗くなるものの,省電力で情報を映し出すための技術として採用されていますね。

 iPhoneに関しては,「常灯」という考え方ではなく,「ディスプレイ書き換え時の省電力化」のための採用ということ。
 高リフレッシュレートで動作するディスプレイにおいて,画面を表示すること自体で電力を喰うのは仕方ないが,画面切り替え時の電力効率化を図ることで,全体として電力の消費を抑えようと考えているようです。

 

常灯のiPhoneがいつかは誕生する?

 今年度のiPhone12シリーズに関しては,「5G化」になったこともあり,とかくバッテリーもちの話題が物議を醸します。
 昨年度のiPhone11シリーズのバッテリーもちが異次元だっただけに,特に「5G」使用時のバッテリーの減り方については,神経質になっているユーザーも多いようですね。

 また,iPhone12 miniに関しては,バッテリー容量の小ささ故,
「サイズ感は最高だが,バッテリーもちが…」
という意見も多いようです。
 私も,来年度に向け,この点が非常に気になっているところです。

 そんな中での「LTPO」の話題。
 モデムや新チップ等の全ての条件を含めて,単純に「iPhone11並になってくれたらいいな…」と願います。もちろん,5Gで使用しても…ということ。

f:id:es60:20201215183938j:plain

 また,すぐには無理かもしれませんが,いずれiPhoneにおいても「常時表示ディスプレイ」が採用されれば,iOS14で採用になったホーム画面へのWidget配置とも相まって,より効率的に情報を確認できるようになるでしょう。

 いつまで経っても,「iPhoneとバッテリーもち」に関するジレンマは終わることがないようです。