カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

折りたたみiPhoneは,2022年に登場する?〜フレキシブルディスプレイは,結局Samsung頼み?〜

折りたたみiPhoneの登場は2022年?

 iPhoneが時代の最先端を走っていたのは昔の話…。

 今では,Samsungや中国メーカーが先陣を切って新しい技術を世に問う時代に移り変わっています。 

 まあ,あまりに実験的すぎてこけることもままあるのですが,最近のAppleにおける極度の「安定志向」を目の当たりにしていると,
「もう少し以前のような野心が欲しいな…」
とも感じてしまいます。

 まあ,最近のAppleは,冒険するにはあまりに巨大になりすぎた…というところでしょうか?

 そんなAppleにおいて,Android勢がすでに実施済で,iPhoneが未だに手を出していないことと言えば,「ディスプレイ下埋込み型Touch ID」「折りたたみスマホ」というところ。
 このうち,「ディスプレイ下埋込み型Touch ID」に関しては,「来年度にも…?」という情報を先日お伝えしました。 

 反対に,「折りたたみiPhone」に関しては,これまで様々な特許申請の情報はあったものの,未だ具体的な情報はなかったのですが,ここに来て具体的な「年」の情報が出てきました。

 折りたたみiPhoneは,2022年に登場する?

f:id:es60:20201221184256j:plain


縦開きか? 横開きか? いよいよ選択のとき!

 記事によると,

台湾DigiTimesが,Appleが2022年に,フレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の折りたたみiPhoneで,折りたたみスマートフォン市場に参入すると報じている

ということです。

 Samsungの折りたたみ「初代機」の評判はかなりひどかったわけですが,その後の代替わりを経て,折りたたみスマホの評判も上がってきたやに聞きます。
 Appleにしても,「折りたたみiPhone」の話題に関しては数年前からくすぶっているわけで,ここに来ていよいよAppleも実売の目処が立った…ということでしょうか?

 本ブログで以前から気にかけているのは,
「果たしてAppleは,縦開きと横開きのどちらを選択するのか?」
ということです。

 「横開き」であれば,
「開いた際の画面サイズがこれまで以上に広くなり,多くの情報を表示できる(あるいは,左右2画面別々の表示の可能性も)」
というメリットがあるでしょう。

f:id:es60:20201221185001j:plain

 「縦開き」であれば,
「折りたたんだ際の筐体サイズを大幅に小型化できる」
というメリットがあるはず。

f:id:es60:20201221185100j:plain

 個人的には,「縦開き」がいいな…と考えているのですが…。

 横開きにして画面を大型化させたいのであれば,開いた際の大きな画面を考えれば,iPadのようなタブレットの方が利用しやすいのではないでしょうか?

 スマホが登場したことによる,最大のデメリットとすれば,「携帯性」にあると考えます。
 ガラケー時代は,それこそ折りたたんで収納し,使用する際は縦に開くことで「携帯性」を確保していたわけで,そもそも「携帯電話」という大義名分を考えると,やはり現在の大型ディスプレイは,ある意味で「逆行」している部分もあるのではないでしょうか?

 それこそ,横開きの折りたたみスマホが浸透するようであれば,iPadminiや11インチiPadとの競合まで視野に入ってくると思いますので,「折りたたみiPhone」を提案する際の,Appleの「サイズ感」や「携帯性」に対する考え方が非常に重要になってくると考えます。

 

果たして「折りたたみ」は浸透するのか?

 現在のスマホを使用していて,最も気を遣うのは,
「ディスプレイを傷つけないか…」
ということ。

 多くのユーザーが保護ガラスを貼っていますね。
 元来,携帯電話はもっとカジュアルに使用してもいい代物だと思います。

 「折りたたみスマホ」が浸透するようであれば,とりあえず「ディスプレイの傷」に関するリスクは相当減少することが考えられます。
 しかし,現状のスマホは,背面がガラス仕様になっていたりと,結局は落下等に関して,以前のガラケー以上に扱いが慎重になることからは逃れられそうもありません。

 上記の「サイズ感」「携帯性」に加え,この「堅牢性」や「価格」等の諸条件をクリアして,「折りたたみスマホ」は今後のスマホの主流となれるものでしょうか?

 このような根本的な部分で,是非ともAppleには,我々が息をのむようなデバイスを提案してもらいたいと願います。
 最近はめっきりと減ってしまった「魔法」を復活させるタイミングなのではないでしょうか?