カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

ついにAdobe「Premiere Pro」のM1 Mac用ネイティブアプリ「ベータ版」がリリース!

「Premiere Pro」も,M1 Macのネイティブサポートに動き出す

 先日は,思いの他着々と進む「M1 Mac」へのネイティブサポートに関し,ついにMicrosoft Office系やFirefoxまでもが静止か対応したことをお伝えしました。  

 Adobeの「lightroom」は早々に対応しておりますので,やはり大手のアプリメーカーも「M1 Mac」の存在をかなり意識してることが分かります。

 Adobeに関しては,未だ対応してしない有名アプリも多いわけですが,早くも「次」が動き出したようです。

 「Premiere Pro」のM1 Mac用ネイティブベータ版がリリース!

f:id:es60:20201223181227j:plain

 

「FinalCut Pro」と正式に対峙!

 記事によると,

Adobeが,AppleシリコンMac(M1チップ搭載モデル)向けに,Premiere Pro,Premiere Rush,Auditionのネイティブアプリをベータ版としてリリースした。Adobe Creative Cloudの「ベータ版アプリケーション」からダウンロードできる。

とのことです。

 先述したとおりに,すでに「lightroom」はネイティブ対応の正式版がリリース済。
 加えて,「Photoshop」もすでにbeta版がリリースされています。こちらに関しては,2021年初頭の正式版リリースが発表されていますので,この調子でいけば1月早々にも発表レるのではないでしょうか?

 今回の「Premiere Pro」は当然「その後」ということになるでしょうから,発表の時期は「2〜3月」というところでしょうかね?

f:id:es60:20201223181330j:plain

 現状,「Premiere Pro」を「M1 Mac」で動作させたい場合には,「Rosetta2」下で行う必要があるわけですが,以前の「Appleが大好きなんだよ」さんの検証動画では,それでも十分以上のパフォーマンスぶりを発揮していました。

 IntelMac時代から,「純正のFinalCut Proよりも,Premiere Proの方が動作が速い」なんていう矛盾を抱えていたくらいなのですが,これで「M1 Mac」にネイティブ対応したら,一体どうなってしまうんでしょうね?

 ひょっとしたら,FinalCut Pro形無し…という結果になってしまうかもしれません。

 「Photoshop」「Illustrator」「Premiere Pro」…。
 Adobeが誇るビッグタイトルのもたらす影響力は計り知れないだけに,その進捗状況と,パフォーマンスが非常に気になるところです。