カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Appleの初売りが「1月2日,3日」に開催!〜最大18,000円のギフトカードがもらえる〜

恒例Appleの初売りが1月2日から

 頃に明け暮れた2020年が暮れようとしています。 

 来年はこの騒動が収まってくれることを願うばかりです。

 そんな中,毎年恒例の「Appleの初売り」がアナウンスされました。今年も「1/2〜3」の2日間。全国のApple Store,Online Storeで対象製品を購入すると,最大18,000円のギフトカードがもらえる…というもの。

 狙っているデバイスがある方は,景気づけをして見てはいかがでしょうか?

f:id:es60:20201229090041j:plain

 

ギフトカード対象製品は?

 さて,問題はギフトカードがもらえる「対象製品」ということになりますが,以下の通りのようです。

f:id:es60:20201229090032j:plain

 まあ,毎年のことですが,当然「最新機種」は対象外となります。

 しかし…。
 それをさっ引いても,今年はちょっと魅力薄…と感じてしまうのは私だけでしょうか?

 これらの中で,現在も「主力」として販売されているもの…と考えると,「iPhoneSE」「MacBook Pro16インチ」「AirPods Pro」といったところか…?

 「SE」に関しては,2021年中に後継機は出ない(画面拡大版の噂はありますが)という噂もあり,狙っていた方は「行くべし」でしょうか?

 「MacBook Pro16インチ」は,もちろんMacBook系のフラッグシップなのですが,2021年中の改訂が確実視されています。
 しかも,今回はApple Silicon搭載という,歴史的転換期。加えて,デザインの大幅な変更も噂されています。ちょっと考えてしまいます。Intel Macとして継続するのであれば購入も「あり」かもしれませんが,今後はApple Siliconへと移行していく時期ですので…。

f:id:es60:20201229092606j:plain

f:id:es60:20201229092606j:plain
 Apple Siliconの互換性が気になっており,今後数年はIntelMacを利用したいという明確な考えがある方であれば,買っても後悔しないかもしれません。

 

微妙な「iPad勢」

 「iPad勢」はどれも微妙な立ち位置ですね。

 「iPad mini」に関しては,先日「ベゼルレス」モデルの噂が出たばかり。 

 2021年3月で現行モデルになって丸2年を迎えるということもあり,考えどころです。

 「mini」以上に手を出しづらいのが「iPad Pro」です。
 こちらに関しては,明らかにやめておいた方がいいのでは…と感じます。

 「12.9インチ」は,恐らく3月あたりに「MiniLED,Apple Silicon搭載」という新機軸のモデルが発売になることが確実視されています。ただでさえ現行モデルは,2018年モデルとチップ性能がほぼ同じ…という弱点を抱えていますので,「待ち」が最善策かと…。

 「11インチ」は,ただでさえ2018年モデルが継続販売されていますので,魅力薄かと…。
 現行機種を購入するよりだったら,A14Bionicを搭載した「iPad Air4」を選択した方が幸せになれるのではないでしょうか?

 ということで…。
 2021年の初売りに限っては,モデル末期のデバイスの魅力度がかなり低下していることもあって,例年に比べるとわくわく感が希薄かもしれません。
 しかし,「欲しいときが買い時」といわれるAppleデバイス。明確な「狙い」がある方にとっては,「お年玉」になりそうですね。