カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

新型MacBook Pro14/16インチ,新型iMac,新型Apple純正ディスプレイ等〜噂のAppleデバイスのレンダリング画像をMacRumorが公開〜

MacRumorが公開! 爽快なAppleデバイスレンダリング画像

 このところ,2021年に発売が噂されているAppleテバイスに関する情報が一気にあふれ出しています。

 CES関連の情報と重なり,世界中が新製品情報で溢れかえっているという状況ですね。

 Appleデバイス,特にMac関連で言えば,昨年のApple Silicon投入を受け,2021年はいよいよMacBook ProやiMacへのApple Silicon投入が本格化し,「もしかするとIntel版を併売しないモデルが登場か?」というスピード感で話は進んでいるようで…。

 Appleファンにとってはたまらない1年になりそうな予感がします!

 さて,そんな中…。
 MacRumorが,これまでの情報を基に,多数のテバイスのレンダリング画像を作成して公開しました。
 これがなかなかのいい出来で…。

f:id:es60:20210117085552j:plain

 

これを見ると,2021年の主役は「Mac」だな!

 まずは新型MacBookPro14/16インチ

f:id:es60:20210117090008j:plain

 先日,「Intel製チップ搭載モデル無し」「Touch Bar廃止」「MagSafe再搭載」という,結構衝撃的な報道が出たばかりです。
 その他にも,MiniLED搭載など,話題に事欠かない新型ですが,何気に気になるのが「ポート関連」ですね。
 2016年以降のMacBook系は,USB-C端子に統一され,最近になってようやく周囲の環境が整ってきた感があります。しかし,今回の改訂で,旧ポート復活の噂があり…。

 この写真でも,わざとらしくと言いますか,左側に様々なボートが並んでいますね。
 薄型の筐体に本当に配列可能なのか…ということも含め,果たして本当にAppleが時代を遡ることにしたのかが,非常に気になります。

 お次は新型iMac

f:id:es60:20210117090745j:plain

 ベゼルレス,顎無しのデザインで,しばらく続いた旧来のiMacのイメージを一新するものとなりそうです。Pro Display XDR風ですね。
 現行iMacのような背面の膨らみもなくなり,フラットになるとのこと。Apple Silicon化することで,排熱等の心配が少なくなっていることも,筐体のコンパクト化に一役買っているのかもしれません。

 Apple Siliconに関しては,当然寄りパワフルなものが搭載されるでしょう。Core数がどこまで多くなるかも楽しみですし,Apple純正のeGPUの行方も大いに気になります。
 また,ディスプレイサイズも大きな問題。
 下で紹介する廉価版の純正ディスプレイとも相まって,Pro Display XDRとのサイズ差をつくるのか,それとも全て「32インチ」に揃えるのかが気になります。

 これまでは,iMacは「30インチ程度」に抑えるのでは…と考えてきましたが,廉価版のディスプレイが出されるということであれば,「32インチ」という線もかなり強くなってきたような感じがします。

 そして新型Mac Pro

f:id:es60:20210117091410j:plain

 こちらも先日,「Intelチップ搭載版とApple Silicon版の2種類が登場するのでは?」という情報がありましたね。2022年の登場が濃厚です。
 大柄な方がIntel製チップ搭載版で,コンパクトなのがApple Silicon版。敢えて2系統を準備しているということは当然理由がある訳で,x86系との親和性やeGPUのパワーの問題など,Mac Proを使用する環境となると,Apple Silicon一本槍では乗り切ることのできない壁が存在するのかもしれません。

 両者の性能差,価格差等も非常に気になりますね。

 最後に廉価版Apple純正ディスプレイ

f:id:es60:20210117091848j:plain

 新型iMac同様のベゼルレス。普通に考えれば,iMacよりも薄型の筐体になりそうです。
 Pro Display XDRは「26㎜」という結構な厚みを有しますが,こちらは性能的に考えてもより薄型にできるでしょう。
 また,Pro Display XDRのような専用スタンドを用意する必要も無いでしょうから,(縦に回転するような機能は当然無くなるでしょうが)設置面積もそれほどとらないでしょうね。

 問題はやはりディスプレイサイズと価格。
 先代のThunderbolt Displayのことを考えても,「148,000円」という価格設定ではどうでしょう? もうちょっと上がるのかな?
 サイズはPro Display XDR所有者としては「30インチ」を希望。しかし,世の流れや,ディスプレイ単体での発売ということもあり,「32インチ」の方が強まったかな…と感じています。

 

iPhoneは「ディスプレイ下埋込み型Touch ID」くらい?

 本来であれば「主役」の座に座るであろうiPhoneに関しては,2021年は大きな変化はさほどないのかもしれません。
 チップも「5nmプロセスルールチップ」を継承するようですし,「mini」のような新居対もなさそうですし…。

 新技術で注目なのは「ディスプレイ下埋込み型Touch ID」くらいでしょうか?
 現在のiPhoneにとっては「待望の…」といえる技術。

f:id:es60:20210117093157j:plain

 現行の「Face ID」とのハイブリッド生体認証として機能すれば,iPhoneのユーザビリティーが向上することは間違いなさそうです。

 いやぁ〜,このように勝手気ままに噂を語っている時期が最も楽しいんですよね!
 さて,これらの情報のどのくらいが「ビンゴ」になるかどうか。

 とりあえずは3月に続々と登場するであろう新製品を心待ちにしたいと思います。