カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2022iPhoneはパンチホール?〜2021ノッチ薄型化からの方向転換か〜

f:id:es60:20210303183713p:plain 「ノッチ薄型化」の次はパンチホール?

 iPhoneのノッチはいつなくなるのか…?

 これは,iPhoneX登場以来,常に話題となっていた事柄です。
 まず登場したのが「ノッチが横方向に縮まる」という情報。
 これはかなり初期から囁かれていた情報で,その噂が本当であればもうすでにノッチ縮小化が実現してるほど前からの情報ですね。 

 そして,iPhone13の登場を前にして,先日登場したのが「縦方向に薄型化される…」というもの。現状,この方向で動くという見方が最も強いですね。 

f:id:es60:20210303175949j:plain

 このまま,ノッチが無くなることはないのか…と考えていたところに,驚きの情報が入ってきました。
 2022年iPhoneは,パンチホールで登場する?
 iPhoneSE(第3世代)じゃなくて?

f:id:es60:20210303180544j:plain


そういえば存在したパンチホールの噂…

 記事によると,

TF Seciritiesのアナリスト,ミンチー・クオ氏が,Appleは2022年モデルのiPhone(仮称:iPhone14)で,ノッチからパンチホールに変更,翌2023年にはフルスクリーンモデルが登場する可能性があるとの予想を伝えた

ということです。

 何と,いきなりのパンチホールの情報。そして,2014年にはフルスクリーン?

 そういえば,以前にパンチホールiPhoneの噂がありました。
 当ブログでも記事にしております。 

 このときの穴は横長の楕円形ですので,今回の記事で掲載されている画像とは異なりますが,以前から「脱ノッチ」の動きがあったことは事実です。

f:id:es60:20210303183315j:plain
 しかし,この時期以来,「パンチホール」の情報が消えていたんですよね。Android機ではもはや「パンチホール」は市民権を得ていますので,
「iPhoneはパンチホールを回避したんだな…」
と勝手に思い込んでいました。

 また,気になるのは,
「パンチホール1年後に"フルスクリーン"に移行する考えがある」
ということです。

 僅か1年のために,わざわざこれまでのデザインを思い切り変えるようなディスプレイを採用してきますかね?
 それとも,ハイエンド機はフルスクリーン,普及機はパンチホール…のような区分けが存在する?

 

「次の技術」が気になる!

 近い将来での「フルスクリーン」を,Appleが本当に目指しているのであれば,そこに辿り着くための新技術として,何を採用するのかにも興味があります。

 現在において,「脱ノッチ,脱パンチホール」を図るために考えられるのは,

①ディスプレイ内蔵カメラ・センサー
②ベゼル内へのカメラ・センサーの埋め込み

の2つなのではないでしょうか?

 ①に関しては,ただでさえ細くなっているベゼルに,Face IDに必要なカメラやセンサーを埋め込むことができるのか…が鍵になりますね。
 現状,ノッチさえなくすことができないでいるわけですから,なかなか厳しいような気もします。

f:id:es60:20210303182814j:plain

 ②に関しても,ようやく「ディスプレイ下埋め込み型TouchID」の技術がiPhoneにも搭載されようか…という時期であることを考えると,本当に2年後にディスプレイ下へカメラの埋め込みは可能なのか…という強い疑問が残ります。
 Android機でもなかなか難しい技術のようですので…。 

 情報元がミンチー・クオ氏ということで,信憑性もそれなりにある話かもしれませんが,今のところ,にわかには信じ難くも感じます。
 また,果たしてAppleがどのような方法で「フルスクリーン」を実現しようとしているのかについても非常に気になりますね。

 今後の動向に要注目です!