カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iMac21.5インチ大容量SSDモデルのディスコンは新型発表の予兆?

f:id:es60:20210322183959p:plain

iMac21.5インチ大容量SSDモデルのディスコンが意味することとは?

 最近になって,iMac関連のラインナップ整備が続いています。

 先日はiMac Proが本格的にディスコンになりましたし,その以前にiMac21.5インチモデルでオーダーできなくなっていた大容量SSDモデルが一覧からも削除され,ディスコン状態になったことがわかりました。  

f:id:es60:20210322181418j:plain

 iMac Proも,
「在庫が無くなり次第,販売終了」
という宣言の後,程なくして「ディスコン」となりましたので,21.5インチモデルにしても,完全に消える日が近いのではないでしょうか?

 何故Appleはこんなにも急いでラインナップ整備を行っているのでしょうか?

 

秋に向けた調整? それとも…

 ここで問題になるのが,
「iMac後継機の発売時期がいつなのか?」
ということです。

 27インチ後継機の登場は,2021年後半という説が有力となっているわけですが,21.5インチ後継機に関しては,以前から「先行発売」の噂が絶えません。
 ひょっとしたらこの3月にも…という噂もありましたが,先日の「イベント延期騒動」を考えると,少なくとも4月後半までは無風のようです。

 もし,27インチ後継機に先駈けて21.5インチ後継機が登場するのであれば,今回のディスコンは素直にうなずけるものとなります。新型発売に向けた生産調整ですので…。

f:id:es60:20210322183455j:plain
 しかし,もし21.5インチ後継機も今年後半に登場するのであれば,生産調整の頃合いが早すぎるようにも感じます。
 iMac Proに関しては,恐らくはモデル自体が消滅するはず。先日も話題になったとおりに,新型iMacの性能がiMac Proを凌駕する…という情報もありますので,iMac Proの存在意義自体がなくなったということ。それ以上の性能を求めるのであれば,2022年度に登場するであろう新型Mac Proをどうぞ…となるのでしょう。 

 モデルとしては存続するが,新モデル登場までの期間があるのにもかかわらずディスコンするとなると,
「あまりにも売れていないので,早めに現モデルをディスコンにしても影響がない」
くらいしか理由が密からないのですが…。

 

早めの発表に期待

 あくまでも個人的な希望としては,21.5インチ後継機だけ早めに発売…という展開がおもしろいと考えます。

 27インチ後継機よりも性能の低いApple Siliconを搭載して登場すれば,iMac内での選択肢も広がりますし,何よりも「本命」とも言える27インチ後継機のデザインや構成が確認できるとともに,大まかな性能まで見通すことができるでしょう。

 3月に開催されるとされた新製品発表が延期になったことなど,どうも最近は新製品登場に向けた動きが忌服なっているように感じます。もしかすると,世界的な半導体部品不足が影響しているのかもしれません。

f:id:es60:20210322183642j:plain

 「少しでも早く見て見たい!」というAppleファンの思いを叶えるために,WWDC前の登場…なんてことがあると,Appleの株も上がりそうですけどね!