カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

WWDC2021は「6/7」 今年もOnlineで!〜メガネ型デバイスの発表がある?〜

f:id:es60:20210331160542p:plain

WWDC2021は「6/7」,Onlineで

 コロナ禍の影響でOnline開催された昨年のWWDC。
 引き続き,今年のWWDCもOnline開催が通知されたようです。

 期日は「6/7」
 さて,何が飛び出しますか?

f:id:es60:20210331154027j:plain


メガネ型デバイスの発表はあるか?

 記事によると,

Appleは現地時間3月30日,2021年の世界開発者会議(WWDC21)を6月7日から11日にかけて,完全オンライン形式で開催すると発表した。iOS15,macOS 12などの発表が見込まれる

ということです。

 やはり今年もOnlineですね。
 昨年は,初めてのOnline開催となりましたが,大方順調にことが運んだようで,CookCEOも満足してしているようですので,イベント的な盛り上がりという観点を除けば,Appleに取ってもOnline開催での不都合はないようですね。

 さて,WWDCといえばソフトウエア開発に置けるイベントであり,基本的には各種OSのお披露目がされるのが常です。
 今年も,iOS15,iPadOS15,WatchOS8などが発表されるそうです。
 macOSに関しては,バージョンの表記を「11.2.3」というように細かく割り振るのではなく,他のOS同様,年度ごとに大きい数字で区分けしてく表記に変える…という情報もあります。

f:id:es60:20210331160210j:plain

 だとすれば,時期OSは「macOS12」となりそうですが,さてどうなるでしょう。
 確かに,macOSも最近は1年越しに結構な進化を遂げていますし,iOS・iPadOSとの機能連携が1つの売りになっていますので,「年度ごと」というのは理に適っているようにも思えます。

 とまあ,ここまでは順当なのですが,どうしても気になってしまうのは,何らかのハードの発表はあるのか…ということです。
 以前であれば,丁度この時期に「MacBookPro14/16インチ」が発売になる…という噂でしたが,どうやら後ろにずれ込んでいるようです。発表だけだっらあるのかもしれませんが。

 しかし,ことしはもうひとつ大きな隠し球があるのではないか…と話題になっています。
 それは,「メガネ型デバイス」です!

 

WWDCの公式イメージには…

 というのも,WWDC2021の公式イメージの各キャラクターが全員眼鏡をしており,その眼鏡に各種アイコンが映っているのです。

f:id:es60:20210331155349j:plain

 いやいや,これでは誰もが期待してしまいますよね。メガネ型デバイスを!

 ミンチー・クオ氏は,以下のようにメガネ型デバイスが登場すると予測していますね。

〇AppleのMRヘッドセットが2022年までに
〇2025年までにはメガネ型デバイス(Apple Glass)
〇2030年から2040年までにはコンタクトレンズ型

 これが正しいとすれば,2022年発売の「MRヘッドセット」の発表を行ってもおかしくはないタイミングです。

f:id:es60:20210331155911j:plain

 Appleはこのヘッドセットを使って何をしようとしているのか…。
 もうすでに,期待はより具体的な方向に向かっています。