カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

不安的中… iPhone14では「mini」が廃止!〜6.1インチ,6.7インチの4機種構成か?〜

f:id:es60:20210417101201p:plain

不安的中…

 世の中は,2021年9月登場と言われているiPhone13の噂で持ちきりです。
 マイナーチェンジ機と言われていますが,レンズ部のテコ入れ,オンスクリーン型Touch ID,常時表示ディスプレイ等,実際の使い勝手が飛躍的に向上するアップデートがてんこ盛りの様相を呈しており,個人的には現行iPhone12シリーズよりも注目度は上がっております。

f:id:es60:20210417100637j:plain

 そんな中,話題はすでに2022年に発売されるiPhone14シリーズへと向かっています。
 まずもって気になるのがその「機種構成」なのですが…。なにやら不安が的中してしまいそうです。

 iPhone14シリーズでは,「mini」が廃止される?

 

広く認知されなかったのは残念でしかない

 記事によると,

TF Securitiesのアナリスト,ミンチー・クオ氏が、iPhone14シリーズ(仮称:2022年モデル)に関して,ディスプレイサイズが6.7インチと6.1インチのみになり,5.4インチディスプレイ搭載モデルはラインナップされない

と伝えたそうです。 

 まあ,予想はしていましたよ…。
 iPhone13シリーズ発売早々から「mini」の販売不振が伝えられ,「減産」の情報も流れておりました。

 2021年のiPhone13シリーズでは「mini」も販売されるようですが,「2年」というサイクルでディスコンとなってしまいそうです。

 やはり,「極端に売れていない」という現実があるのではどうしようもありませんね。発売前の下馬評では非常に注目度が高かったようですが,これ程見事に期待を裏切るとは…。
 原因とすれば,
・一度大型のディスプレイを利用してしまうと小型ディスプレイには戻れない
・5G化することでバッテリーの減りが大きくなり,miniでは不安
というところでしょうか?

f:id:es60:20210417100848j:plain

 これで,
「6.1インチが標準サイズ」
という認識が強烈に植え付けられることになりそうですね。
 なんでも感でも大型化すること自体に違和感を感じますし,そもそものiPhoneのコンセプトからも外れているような気もするのですが…。ジョブズ存命なら,この方向性に向いたものでしょうか?

 

「SE」の充実と「再登板」

 「mini」ディスコンとなれば,ますますiPhoneSEの位置づけが重要になってくると考えます。まずもって,
「iPhoneSEを毎年4月にアップデート」
していただきたい!

 現在のAppleの考え方は,あくまでもSEは廉価版の位置づけであり,しかも一度アップデートしたものを数年継続販売する戦略のようです。
 この「塩漬け状態」での販売が問題です。廉価版の位置づけはいいのですが,同じスペックで数年販売する…という考え方が,現代の技術革新のスピード感と真逆を行っているわけで…。

 廉価で小型のiPhoneの居場所をしっかりとセッティングし,大切に扱ってもらいたいのです。
 そして…。
 機が熟したら,何年か後にもう一度フラッグシップの小型モデルに挑戦していただきたい!