カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「M2」? 「M2X」? 新Apple Silicon情報が投稿〜気になるのは今後のMac用チップの行方〜

f:id:es60:20210424105541p:plain

「M2」? 「M2X」?

 先日のイベントで,新型iMacが登場し,歓喜の声が上がりました。
 しかし…。
 その斬新なデザインが話題になった反面,搭載されたApple Siliconが,AirやPro13インチのものと同じ「M1」だったのは意外でした。デスクトップ機であるiMac24インチが「ローエンド」に位置づけとされたからです。

 iMac24インチとMacBookPro14/16インチには,グラフィック強化版チップである「M1X」を,そして27インチ後継iMacには更に強力な「Tチップ」を…と予想していた私としては,今後のMacのパフォーマンスに一抹の不安を感じ,その思いを記事にしました。 

 このままでは,「超高性能機」と言っていいのは,「新型Mac Pro」のみになってしまうからです。

 そんな中…。
 「M1系」Apple Siliconの「次」に関する情報が来ています。
 「M2系」の行方は?

f:id:es60:20210424102539j:plain


新型Mac Proは「M2X」?

 記事によると,

Appleのプロセッサやチップなどの情報を発信しているLonghorn氏(@never_released)が,Twitterに未発表のAppleシリコンに関する情報を投稿した

ということです。

f:id:es60:20210424102741j:plain

 この型番の「t」は台湾「TSMC製」を意味する…という情報もありますので,やはり今後もAppleとTSMCとの蜜月は続きそうです。

 さて,この型番から分かることは,「t6000シリーズ」はMac用グラフィック強化版チップ「t8100シリーズ」はiPhone,iPad,ローエンドMac用のベーシックチップになりそうだということです。

 現行チップにおいても,iPhone用の「A14」をベースに「M1」が製造されたことが分かっており,新型iPad Proに「A14X」ではなく「M1」がそのまま搭載されたことからも,その親和性が非常に高いことが分かります。この,「iPad ProにM1を…」という展開は,あまり大きく取り上げられていないものの,私的には結構インパクトが大きい出来事でした。
 Appleとしては,これまでやりたかったことを「ついにやり遂げた」というところなのではないでしょうか?

 さて…。
 上記のチップのうち,「M1X」に関しては,今後登場するであろう27インチ後継iMacとMacBookPro14/16インチに搭載されることが確実視されています。
 問題は,その他の3つのチップの行方です。

 普通に考えれば,

〇A15→2022年発売のiPhone14
〇M2→2022年以降発売の「MacBook Air」「MacBook13インチ Pro」「24インチiMac」
〇M2X→2022年発売のMac Pro

というところでしょうか?

 MacBookPro14/16インチ,Mac Proに関しては発売前ですので確定はできませんが,恐らくAppleとしては,

①iPhone,iPad,iPad Air(Aチップ)
②MacBook Air,MacBook Pro13インチ,iMac24インチ,iPad Pro(M〇系チップ)
③MacBookPro14/16インチ,iMac27インチ後継機(M〇X系チップ)
④Mac Pro(M◎X系チップ)

というヒエラルキーを組み立てようといているのだと考えます。

f:id:es60:20210422192255j:plain

 全てのチップにおいてベースを共有するとともに,そのパフォーマンスによってチップ構成を自由に組み立てることができるということは,今後のAppleにとってとてつもない強みになるでしょう。

 また,だからこそできるMacとiPadのチップ共有等,今後はますますデバイスやOS間の垣根を超えた連携に期待ができるはずです。正にこれこそがApple Silicon化でAppleがやりたかったこと…なのではないでしょうか?

 個人的には,「M2X?」を搭載する新型Mac Proの突き抜けた性能に期待です!