カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

マジか… 次期iPad Pro,iPad miniはMagSafe充電に対応?〜純正MagSafe充電との相性は…?〜

f:id:es60:20210605161209p:plain

次期iPadはMagSafe充電対応?

 M1とMiniLED…。 

 2021年の新型iPad Proのウリはこの二つでした。
 まあ,「活かしようのないチップ性能」だとか,「通常時にはこれまでの液晶と変わらない」などという見方もあり,必須というよりは,これまでの機種の「+α」としての装備とも考えられる仕様です。
 現時点では正に「プレミアム」といえます。
 しかし,「その意義は?」という考え方ではなく,
「手に入れたければ買えばいいし,不必要であれば旧機種の整備済品を狙えばいい…」
という,選択肢を与えてくれたと,個人的には考えています。

 さて,それでは今後のiPadはどのような進化を遂げていくのでしょう。
 この度,そのヒントとなる記事を見かけました。
 次期iPad Pro,iPad miniはMagSafe充電に対応する?

f:id:es60:20210605155642j:plain


純正充電器とのバランスの悪さに失笑

 記事によると,

Bloombergのマーク・ガーマン記者が,2022年に発売されるiPad ProはMagSafeワイヤレス充電に対応するほか,ホームボタンのないiPad miniが開発中で,2021年末に発売されると伝えた

ということです。

 まあ,ベゼルレスの「iPad Pro mini」の噂は以前からあり,何だったら今春登場の噂もあったほどですので,常識的な進化を辿るのでしょう。それよりも,折りたたみ式iPhoneの影響で,iPad mini自体が次第にディスコンへと動く…という以前の予想記事の方が気になります。

 さて,今回の本題はMagSafeの方。
 なんと,iPad ProがMagSafe充電に対応する…というのです。

 ここで言う「MagSafe」に関しては,
「MagSafeによるワイヤレス充電に対応するために,筐体背面素材をアルミニウムからガラスに変更することが検討されているようだ」
という文言があることから,新型MacBookPro14/16インチに採用されるMagSafe端子ということではなく,iPhoneで使用しているMagSafe充電器に対応する…という意味合いなのだと思われます。

f:id:es60:20210605155528j:plain

 gori.meさんのサイトでは,以下のような画像上げられていました。

f:id:es60:20210605155753j:plain

 いや〜,ひどい。
 このひどさは,magic mouseを充電する際,裏返しにして充電しなくてはならないという,あの光景を思い起こさせます。

f:id:es60:20210605160030j:plain

 悪夢であります。

 恐らく殆どのユーザーは,iPadを何らかのケースに入れて使用していると思われます。特にMiniLED搭載のiPad Proのディスプレイ修理費は,AppleCareに入っていなければ驚愕の金額となりますので,ケース必至です。

 ということは…。
 純正のiPad Pro用ケースもiPhone12シリーズ同様にMagSafe対応になる?
 そもそも,ただでさえMiniLED搭載で重量や厚みが増したiPad Proにおいて,背面ガラスを搭載は即,更なる重量増加を意味するのでは?

 これに加えて前述した「iPad + MagSafe充電」というバランスの悪さ。
 見た目も最悪ですが,充電中のiPadの置き方,充電しながらの使用等,どう考えてもケーブル充電の方が好ましいと思われることばかりです。

 Appleは本気でiPadへのMagSafe充電器からの充電をスタンダードな者にしようと考えているのでしょうか?
 個人的には,思いっきりやめて欲しいです!