カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「macOS Monterey」のユニバーサルコントロールで,iPadとMacの連携がより強固に!

f:id:es60:20210611201141p:plain

地味なWWDC21の中で光ったものは…

 ネット上の様々な評価を見ても,
「近年まれに見るほどに地味だった…」
という言葉が並んでいる,WWDC21。

 本来はMacBookPro14/16インチが発表される予定であり,直前になってキャンセルされたのでは…という情報もあるようで,もしかするとAppleとしても不本意な発表会になっていたのかもしれません。

 しかし,本来の意図である「新OSの発表」ということを考えても,今年は盛り上がりに欠けたことは否めません。
 特にここ数年ほどは,Appleデバイスの各OSの融合に向けて,「毎年がメジャーアップデート?」というくらいの新機能を盛り込んでいたわけで,それからすると今年は随分とおとなしめだったように感じました。

 しかし…。
 もちろんそんな中にも注目の機能はあるわけで…。
 私が最も注目したのは,「macOS Monterey」の「ユニバーサルコントロール」機能。
 「OSの融合」ということを考えれば,とてつもない進化のようにも感じます。

f:id:es60:20210611190049j:plain


「AirDrop」「Handoff」の超絶進化版?

 「ユニバーサルコントロール」とは,

macOSおよびiPad OS搭載機種間で,1組のキーボードとマウス(トラックパッド)を共有できるというもの。つまり,別々のマシンを1組のキーボードとマウスでシームレスに操作できる

という機能のようです。

f:id:es60:20210611200848j:plain

 マウスやキーボードの共有というだけで嬉しいわけですが,これに加え,デバイス間を超えたファイルのドラッグ&ドロップにも対応するというのですから驚きです。

 これまでも,「AirDrop」で直接他のデバイスデータを送信することはできましたが,送られたデータはダウンロードフォルダ等の決められた場所に送るという,シンプルな機能でした。
 しかし今回は,画面を通して直接,しかもデータを置きたい場所を指定した移動が可能になるということで,これぞ「デバイスの壁をなくす」というAppleの思想の具現化に向けた強力なアピールになり得る機能だと考えます。
 機能的には,AirDrop・Handoffの超絶進化版…といったところでしょうか?

 

連携の仕方も融通が利く

 しかも,この「ユニバーサルコントロール」は,「Mac−Mac」でのキーボードやマウスの共有やデータ移動が可能だとのこと…。

f:id:es60:20210611200926j:plain
 これまでは,iPadとMacとの連携強化が進んできましたが,Mac間となると思いの他連携が進んできませんでした。特に,複数のMac間で,画面上での直接のデータのやり取りに関しては無理があったわけです。

 今回,それが可能となったことで,デスクトップ周辺にあるAppleデバイスをフル活用しながら,有機的なデータのやり取りや操作を行うことができそうです。