カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

雫井脩介最新刊「霧をはらう」が7/28に発売!〜裁判官,検事の次は「弁護士の葛藤」〜

雫井脩介最新刊「霧をはらう」が7/28に発売!

 劇場型犯罪を壮大なスケールで描く,雫井脩介の「犯人に告ぐ」シリーズ。
 その第3弾である「紅の影」は,巧妙に生き延びてきた「リップマン」の結末と黒幕たる「ワイズマン」の暗躍とが描かれる骨太な作品となりました。  

 第2弾「闇の蜃気楼」がやや肩透かし的な内容だっただけに,原点回帰とも言える作風に安堵したものです。こちらは「第4弾」に続くことが必至とも言える週末だっただけに,続編への期待大です。

 さて,雫井さんと言えば,「火の粉」で裁判官,「検察側の罪人」では検察官の苦悩と葛藤を描きました。
 火の粉は「大人の土ドラシリーズ」で,検察側の罪人は映画で,それぞれ映像化もされています。

 そんな一連のシリーズとも言える最新刊が発売になるようです。
 最新刊「霧をはらう」が7/28に発売!
 今度は「弁護士」?

f:id:es60:20210620125230j:plain

 

弁護士の矜持を問い掛けるリーガルサスペンス

 私が「霧をはらう」の発売情報を掴んだ6/20時点で,発売元の幻冬舎のHPには何の情報もなし。作品のあらすじ情報どころか,発刊情報すらありません。

 楽天ブックスでは注文できる状態にはなっているのですが,こちらも内容の情報は皆無…。

 さすがに内容が確認できないのではポチれない…ということで探してみますと,Twitterで内容に関するつぶやきを発見しました。

 この「錦糸卵」さんは,他のツイートで,

今までの作品でも人を信じる難しさや大切さを教わってきたが,本作では他人を信じ抜き,そして信じ切るところにまで踏み込んでいる。

ともつぶやいています。
 被告人との間に,どのような葛藤があったのか…。非常に興味がそそられるポイントです。

 さて,この「錦糸卵」さんは,「プルーフ」を読了してツイートいているとのこと。
 この「プルーフ」とは,出版元の「校正刷り」のことを指すのだそうです。つまり,まだ確定番前の現行ということ。この方,書店員さんのようで,出版元である幻冬舎とのパイプがあるのかもしれませんね。

 プルーフには「6月下旬発売予定」とありますが,どうやら1ヶ月ずれ込んだようです。
 その分,中身の濃い作品になることを期待するばかりです!