カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

七月隆文「100万回生きたきみ」が8/24に発売〜「ぼくは明日、昨日の君とデートする」の再来を期待!〜

f:id:es60:20210703094845p:plain

七月隆文「100万回生きたきみ」が8/24に発売!

 七月隆文さんといえば、ラノベ界を中心に大きな支持を得ていますが、一般文芸として取り組んだ「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が150万部を超えるヒットとなり、第3回京都本大賞を受賞した上に、映画化されたことはご存知のとおりです。

 この手のタイムリープものは、映像化すると悲惨なことになることが多いのですが、本作は実に見事に原作のイメージをそのまま映像化しているとともに、映像化に向けて若干ストーリーをいじっているのですが、それが原作を邪魔せずむしろ引き立てているというか…。
 若手が出演するラブストーリーものとしては、珠玉の出来になっていると、今でも考えています。

 また、2018年4/5に発売された「ぼくときみの半径だけ届く魔法」では、「ぼくは明日…」以上に現実的な「愛」が、真正面から描かれました。 

f:id:es60:20210703093150j:plain

 そんな七月隆文さんが、新たなラブストーリーを発表するようです。
「100万回生きたきみ」が角川文庫より、8/24に発売されます。

 

切なさ満載のタイムリープものか?

 紹介文には、

「実は100万回生きているの」そう告白をしたきみ。だけど、黙っていてごめん。僕はきみより1回多く生きているんだ――。ミリオンセラー『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の著者が紡ぐ、真実の愛。

とありますね。

 これは…。
 あえて「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の名を挙げ、「100万回生きる」という現実離れした文言であおっているということは、「禁断のタイムリープもの」なのか?

 2人の出会いが、何故それほどまでに繰り返されるのか…がストーリーの鍵になってくるでしょう。
 「一生」というサイクルを100万回…というのも何か現実味がなさ過ぎますし、ということはある「一定の時間」を繰り返している?

 想像は否が応でも膨らんでしまいます。
 ただ、これまでの七月さんの純愛ものは、確実に「極限の切なさ」が伴うものでした。ハッピーエンドになるかどうかは別にして、恐らく本作も、心震える切ない展開になっていることは間違いないでしょう。

 夏の終わりを締めくくることができるような、ストレートなラブストーリーに期待したいところです。