カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone13 Proは放熱と戦いになる?〜超薄型放熱部品「ベイパーチャンバー」を搭載か〜

f:id:es60:20210711130530p:plain

iPhone13 Proは放熱と戦いになる?

 5G化を果たしたiPhone12においては、5G回線利用時のバッテリーもちや、その発熱に関して話題になりました。 

 iPhone13に関しては、先代では間に合わなかったQualcommの新型モデムが搭載されるようですが、ハイリフレッシュレートディスプレイが追加されており、トータルとして状況が好転するかどうかは分かりません。

 また、A14Bionicにおいては、ゲーム等の高負荷時のバッテリーもち・発熱を懸念する記事もあったように記憶しています。

 現在、5G網の恩恵を受けられるユーザーがなかなか増えていないのが実情であり、今後5Gの利用がデフォルトになると、ますますこの「バッテリーもち」「発熱」の問題は、iPhoneを苦しめていくのではないでしょうか?

 そんな中…。
 iPhone13 Proに、放熱用の部品「ベイパーチャンバー」が搭載されるのでは…という記事が来ています。

f:id:es60:20210711121231j:plain


スマホも放熱を考える時代に…

 記事によると、

台湾メディアDigiTimesが、SamsungはGalaxy S22(仮称:2022年モデル)に超薄型放熱部品「ベイパーチャンバー」を搭載する可能性があると報じた。同部品は、iPhone13シリーズ(iPhone12sとの噂もあり)に搭載されると、アナリストのミンチー・クオ氏が伝えていた

ということです。

 つまりは、iPhoneのみならず、他社製のフラッグシップ系5Gスマホにも搭載される可能性があるということで、PC用と考えられていた放熱部品が、いよいよスマホにも必要となる時代に突入した…ということなのでしょう。

 記事によると、これまでもグラファイトシートやヒートパイプといった冷却用の素材は使われてきたようですが、今回話題となった「ベイパーチャンバー」はスペース効率と放熱性能に優れるということ。
 限られたスマホの内部スペースの中に、冷却素材をどのように取り入れるのか…という点は、今後も課題として残っていくことになりそうです。

f:id:es60:20210711130350j:plain

 それにしても…。
 iPhone13 Proは、相当に熱くなる機種となりそうです。
 熱問題ではなく、内容的・性能的な面で熱くなれるのであれば、何の問題も無いのですけどね…。